記録

iPhone 11 Pro Maxを想定して移行準備

新しいiPhone Pro 11 Pro Maxを予約しましたが、明日入手できるわけではありません。もう1週間ほど待たなくてはならないのですが、今からその時のための移行準備として、色々な取り組みを始めています。

ナビゲーションシステムと記録

記録が必要なのはナビゲーションの精度を高めるため。でも多すぎるとノイズが多くなり、余計な思考を必要とするため、ナビの計算が遅くなります。それよりは、随時軌道修正する方が効率的です。

「記録」は有効か?

過去の記録を大事にする人もいれば、冷淡に接する人もいます。私は後者です。過去と現在の比較に興味はありません。ましてや、過去を懐かしむことはないです。それより、今、ここに集中したいですし、未来を、明日を肯定したいからです。

ダイエット日記#6 レコーディング・ダイエット

レコーディング・ダイエットは難しい、継続できない。と思っていました。それに過去やったときは効果がわからなかった。そうではないのです。記録を取るのは計画を立てるため。好きなものを、ちょっとだけ食べて、帳尻合わせするために必要な手段なのです。

ダイエット日記#5 停滞期を脱したか?

レコーディング・ダイエットが説くように、食べたことをしっかりと覚えていないから、無節操にデブの好物を食べていたのだな、とわかるようになりました。食事に意識を向け、記録を取ると、そういうことが見えてきます。ちょっと停滞期を脱したみたいです。

振れ幅

不安定な時は、プラスとマイナスの間を大きく揺れ動くものです。それは少しの材料に対して過剰に反応するからなのですが、振幅の状態を記録することで、不安定な状態がまだ継続しているのか、収束しつつあるのかが、判るようになるでしょう。

好・不調の波を超えて

プライベートと仕事の垣根を超えて、生きていれば、いい時もあるし、苦しい時もあります。そういったことを理解していても、苦しい時は辛いものです。今はそんな時期で、昨年末からちょっとずつ歯車がずれるようなことが多く、仕事では評価されたと思ったら、担当の変更などのネガディブなフィードバックがあり、さらには仕事でのパートナーを失うなど、気の重い年始になっています。逃げるか・逃げないか

Follow on Feedly