振り返り

振れ幅

不安定な時は、プラスとマイナスの間を大きく揺れ動くものです。それは少しの材料に対して過剰に反応するからなのですが、振幅の状態を記録することで、不安定な状態がまだ継続しているのか、収束しつつあるのかが、判るようになるでしょう。

自己評価と他者の評価

外資系の企業で、カレンダー通りの決算(締め日が年末)であれば、12月末から1月にかけてが査定のシーズンになります。自己評価>他者評価かつては、師走の抜けるような青空の日にクビ宣告されたことがあります。そのときは、どうにもならない状況でできるだけ頑張ったんだから、、、という甘さがあって、「自己評価>他者評価」になってしまい、危機を冷静に判断することができませ

好・不調の波を超えて

プライベートと仕事の垣根を超えて、生きていれば、いい時もあるし、苦しい時もあります。そういったことを理解していても、苦しい時は辛いものです。今はそんな時期で、昨年末からちょっとずつ歯車がずれるようなことが多く、仕事では評価されたと思ったら、担当の変更などのネガディブなフィードバックがあり、さらには仕事でのパートナーを失うなど、気の重い年始になっています。逃げるか・逃げないか

Follow on Feedly