ダイエット日記#8

昨年の今頃はダイエットにいそしんでいましたが、今年は真逆の生活を送っています。

それもひとえに「ころな(COVID-19)」のせいです。

正直、ほんとに困ってしまいます。

マスクをつけてジョギングしたり、自転車に乗るのはメンドウで、しかもシンドイし、することがないのでお酒の量が増えてしまったり、間食も増えるし、でダイエットに悪いことばかり。

さらには、メリハリのない生活のせいで、睡眠のサイクルも乱れがち。

これで太らないわけがない。

異常事態という言い訳を封印する

With Coronaにしても、After Coronaにしても、おそらくこれまでと同じ状態に戻ることは難しいだろうと思います。

私が良いと思っても、周囲の目(自粛警察など)がそれを糾弾するかもしれないですし、それを恐れるかのように要らぬお世話で忠告されることもあるでしょう。そういったいざこざに巻き込まれるのは、もうごめんです。相手にされたくないですし、相手にしたくありません。

ですから、今の状況が今後も継続すると覚悟した上で、新しいスタイルを構築した方がいいと思うのです。

まず取り掛かること

では、新しいスタイルを構築するためにまず何からするか?

ベタで、あまりに当然のことですが、

  1. 睡眠の記録、心拍数の記録を取り、毎日レビューする
  2. 食事の記録、間食の記録をとる (レコーディング・ダイエットの復活)
  3. 水をたくさん飲む、記録もとる
  4. 自宅の狭いスペースでもできる運動をできるだけ多くする

の4点から進めようと思います。

最近修理で新品になったApple Watchを使っていますので、それを最大活用することになります。

睡眠の記録と心拍数の記録

Apple Watchの充電は、

  • お風呂に入る時
  • 朝ごはんを食べ、くつろいでいる時

に充電しています。その時以外は、概ね右手首か左手首に装着しています。

睡眠の記録は、入眠前に特別な操作の要らないAutoSleepを利用しています。

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します
開発元:Tantsissa
¥370
posted withアプリーチ

心拍数は、特別なアプリを利用しなくても標準アプリの「心拍数」でヘルスケアに保存されますが、一時期不具合があったHeartWatchを復活させようと思います。このアプリは、英語版の提供となっているので、英語が苦手な方はとっつきにくいかと思いますが、非常に機能が豊富です。

HeartWatch: Monitor Heart Rate

HeartWatch: Monitor Heart Rate
開発元:Tantsissa
¥490
posted withアプリーチ

食事の記録

次に食事の記録は、1年前はよく使っていた「FatSecret」を復活させます。

FatSecretのカロリーカウンター

FatSecretのカロリーカウンター
開発元:FatSecret
無料
posted withアプリーチ

レコーディング・ダイエットは、時間管理と同じく「行動」を記録することで、好ましくない「行動」を抑制する効果があります。カロリーの見積もりを低く出してしまいがちですが、カロリーの総量をコントロールするよりも、記録を取ることを優先して復活させようと思います。

水を飲む

健康法といえば、毎日2L程度の水を飲むこと、は非常に有名です。

水を多く飲んで、トイレに行く頻度を上げた方が、体調としても良かった記憶があります。しかし、これが結構大変なのですね。気候も暑くなり始めたので、水はこまめに、そして総量としては2Lを超えるように、飲むことにしようと思います。

記録、合計のカウントは、こちらのアプリ「WaterMinder」を使います。

WaterMinder

WaterMinder
開発元:Funn Media, LLC
¥610
posted withアプリーチ

_

しばらく使っていなかったので、アプリを消去していました。

今日から復活です。

狭いスペースでの運動

連休の前から、プランクに挑戦しています。

使用しているのはとても単純なこちらのアプリ、「プランクカウンター!」です。

プランクカウンター!

プランクカウンター!
開発元:Intersect
無料
posted withアプリーチ

_

最初は1分からスタートして、今では90秒ぐらいまでできるようになりました。

5月中には2分間、平気でできるようになりたいです。

それ以外にも、Nikeのアプリなど色々あるので、どんどん試してみようと考えています。

好ましい行動を記録することから

いきなり高いハードルを掲げてもうまくいきません。

それよりも現状を正しく理解するために、記録を取ることから始めます。

体重と体脂肪は毎朝計測していますので、こちらは新しい習慣として取り組まなくても大丈夫。

  • 睡眠
  • 食事
  • 心拍数と運動

記録をとり、時間を取って見返すことで、より好ましい生活スタイルに一歩ずつ近づけられるように、ダイエットの取り組みを復活させようと思います。

Follow me!