抱え込まない

何でもかんでも自分一人で背負いこんでしまっていませんか。

自分一人で解決すべき問題だと、抱え込んでいませんか?

そして、そんな人を見かけたことはありませんか?

あなただけのものではない

自分一人で背負うことのできる「もの」には、限界があります。

そして、いつでも同じくらいの「もの」を抱え込むことはできません。気力、体力、環境に応じて、できる限度が異なります。

そもそも、自分の力、努力などで、対処できるものに収まっているのでしょうか?自分ではどうにもならないことに対してまで、抱え込んではいませんか?

自分が抱え込んでいることは、あなただけのものではありません。

家族で共有して抱えるべきものであったり、職場で共有するものだったり、そもそも全くあなたと関係ないものかもしれません。

そういう視点で、確認していますか?

リストに書き出してみよう

持ち物リストを作るように、今現在あなたが抱えているモノゴト、背負っているモノゴトを、リストに書き出してみましょう。

頭の中にモヤモヤとした状態で置いておくから、モヤモヤが増幅して心配が膨らむのです。一度頭の中にあるものを全部外に出してみて、改めて確認するのです。そうして、もう一度頭の中に整理して収めてみるのです。

それは荷物のパッキングに似ています。

パッキングの巧拙で、同じ荷物を背負った時の疲れ方が違ってきます。

コンパクトに収まり、重心位置を適切にできれば、動きやすく、重さを感じにくくなります。

あなたが抱えているものも同じことです。

まず全部取り出して、並べてみる。その行為が、「リストに書き出す」ということなのです。

そして、一つ一つ検証します。

まず最初の質問が、「自分で対処できるか?コントロールできるものか?」を確認します。YESであれば、リストに残します。

もし、Noであれば、別のリストに移動させます。

そして、解決するための条件を考察します。

  • 友人・家族の助けが必要なのか
  • 社会動向に左右されるのか
  • 天候などに左右されるのか

はたまた、どうにもならないものであるならば、なぜそれを抱え込んでいたのか分析してみましょう。

別のリストを作ることで、今の自分には対処できないけど、

  1. 助けを求めるべきこと
  2. 条件付きの事案
  3. なぜか抱え込んでいた問題

を識別して、自分の問題ではないと、明確に認識できるようにします。

まずすべきことは何か?

さて、モヤモヤのうち、「自分でなんとかできること」の対象がリストに残りました。

次にするのは、それぞれの項目について、GTDのように「まずすべきことは何か?」を考えて、行動計画に落とし込みます。

色々としなくてはいけないことがあるけれども、まず第一歩としてやるべき「行動」は何かと、決めるのです。

具体的な行動が明確になるだけで、最初の一歩の踏み出しが簡単になります。

第一歩が出れば、第二歩はもっと楽になります。そうして加速をつけて、リストの項目を完了へともっていくのです。

やることが明確でないから、、、

モヤモヤの状態に陥るのは、やることが明確でないから。

明確でないから、どこまでできるのか、どこまでやっておくべきなのかがわかりません。

それが分からないので、さらにモヤモヤしてしまうのです。

書き出すだけで、ずいぶんとスッキリします。

ただそれだけのことですが、本当に参っているときは、なかなかこのテクニックを忘れてしまっているものです。

難しいツールはいりません。

紙とペンでもいいし、スマホでも、パソコンでもいい。

自分の使い慣れたものを使って、頭の中を全てぶちまけるように、リストを作ってみましょう。

Follow on Feedly