ブログを書くということ

昨日久しぶりにブログの記事を書きました。

書いてみて思うのは、「その時感じたいろいろなこと」を自分の言葉で書き残すのはとても意味のあることだと。

あえて人の目に触れるところに書く意義

とるに足らない、「自分の雑感」をブログという公開の場に書き記さなくても、日記などの非公開でプライベートな領域の中だけでやればいいのではと、指摘されるでしょう。

でも、それだと自分の内側からの言葉が、きちんと整理されずに、ダダ漏れの状態になってしまいます。

自分の日記をあとで読み返した時、なんのことなのかさっぱり分からなかったことが何度もあります。

ブログに書くということは、人様の目に触れるところに公開する、ということです。ちょっと緊張するというか、書き方に配慮が必要でます。

  • 論理展開に飛躍がないか?
  • 例え話は適切か?
  • 見出しなど、読みやすさに配慮できているか?

などと、確認しながら文章を書き、読み直しをし、推敲を重ねます。

そうすることで、単なる思いつきを離れて、本質に迫れるようになっていきます。脈絡ができてきます。

一旦書くとまた書きたくなる、が

1ヶ月以上、ブログを書けなかった時期が続きましたが、一度書いてみるとまた書きたくなってきました。どんな内容でもいいから、「書くことは重要だ」という思い、いえ、思い込みかもしれませんけど、そういったものに突き動かされます。

ところで、ブログを書くには、ゆっくりと流れる時間が必要です。

自分の内側と対話し、思考し、文章にまでまとめるには、時間がかかるからです。時間に追われていては、精神的にも、物理的にも、ブログを書くという行動が取れなくなります。

いくら「書くことは重要だ」という思いに突き動かされたとしても、ブログを書くというゆっくりと流れる時間を確保し続けることは至難の技です。

というのも、多忙感が出てくるとメリットが見えにくいタスク、悪影響が軽微なタスクは、どうしても後回しになるからです。つまりは、「できたらいいな」と思うようなもの。必要不可欠ではないものです。ブログを書くという行動は、そういった範疇に入ります。

ブログで何かしてやろうなどと、大それたことは考えていないので、書き続けるというモチベーションを保ったり、書き続けるための積極的な時間の確保やツールの整備は困難です。その時々で、私にとっての重要なものは変わりますし、使える時間も変化します。ブログを書くことは、仕事ではないので。

楽しいなら書こう

だからもう少し楽に考えることにします。

自分が書いて楽しいことだけ、楽しい時だけ、ブログに書いてみようと。

  • ただ言葉の羅列をタイプするだけで楽しい時もあります。
  • 自分が学んだこと、知ったことを整理して伝えるのが楽しい時もあります。
  • 楽しかったことを振り返って、それを増幅するのが楽しい時もあります。

ですから「楽しいか?」それだけを絶対的な判断基準として、やってみようと思います。

Follow me!

前の記事

同窓会

次の記事

セールに食傷気味