iPhone 11 の夜景モードにビビる

夜景は見ていて綺麗だと思うものの、写真を撮ってもがっかりするだけ、と思っていました。

でも、撤回します。

凄すぎます、iPhone 11の夜景モード。

まるで暗視カメラのよう

昨夜、仕事帰りに日比谷公園でおもむろにiPhone 11 Pro Maxを取り出し、写真を撮ってみました。iPhone 7の時と同じようなモニター画面の表示でしたが、自動フラッシュがついている状態でした。この場合は、夜景モードにならないようで、いつも通りの暗い写真しか撮れませんでした。

そこで、フラッシュ禁止モードにすると、パッと画面が明るくなり、まるで暗視カメラを覗いているように、肉眼で見るよりもはるかに明るく、iPhone 11のモニター画面に映っています。

そして、シャッターを切ると、「なるべくカメラを動かさないように、、」というようなメッセージが出て、数秒のロングシャッターが切られます。

すると、以下のような高精細な写真が撮れたのです。いうまでもありませんが、三脚は使用していません。手持ちですから、手ブレ全開のはずです。

普通にデジタル一眼レフで撮影しても、ここまで綺麗に撮影できません。手持ちだとブレてしまいやすいです。繰り返しますが、別に脇を締めて、ぶれないように撮影したわけではありません。日中に撮影する感覚で、手振れに頓着しないで撮影した写真です。

普通は、手前のバラまで写るとは思って写真を撮らないです。

最初の1枚は雑に撮影してしまったので、噴水で改めて撮影してみることにしました。

ここ日本ではないみたい

ロングシャッターが切られますので、動いている人はボケて撮影されます。

実物はここまでキレイではありません。でも、写真にすると、すごくキレイに見えます。まさにマジックです。

最後の写真は、日比谷公園出口から見たペニンシュラ・ホテルです。

かなり色の再現がよく撮影できます。光の放つ冷たさと、暖かさが共存できているキレイな写真です。

こんな写真が手持ちで撮れるんです。すごい時代ですね。

広角・夜景では十分すぎる

こんな写真がいとも簡単に撮れてしまうと、いい写真を左右するのは、構図のセンスとか、光の選び方のセンスだけの問題になります。カメラ撮影の技術は、かつてほど必要とされなくなってしまいます。

デジタル一眼レフカメラの良さは、レンズの光学性能にあるのですが、iPhoneは2つ、あるいは3つのレンズから得られる画像情報をソフトウェアで処理して、一眼レフに迫る高精細な情報を構築してしまいます。誰もが美しいと感じる写真のデータ特性をうまく捉えて、AIで画像処理をすれば、さらに万人受けのキレイな写真が撮れるでしょう。

アマチュアで対応できるレベルをはるかに超えています。

広角で撮りたい場合や、夜景などの暗いところでの撮影は、もう敵なしではないでしょうか。

デジタル一眼レフカメラを所有する意味は?

ここまでキレイな写真が撮れると、もうデジタル一眼レフカメラを所有することへの意味を見失ってしまいます。

私の場合は、子供の成長する記録をキレイに残したい、というのが14年前に購入した理由です。でも、今の時代ならiPhone 11で十分ですね。

唯一残る分野は、スポーツや鉄道、野鳥など、動くものが被写体で、しかもズームを必要とするもの、になりそうです。

iPhone Proでも2倍ズーム+デジタルズームが精一杯です。運動会など、動きがあり、望遠ズームが必要な場合は、デジタル一眼レフカメラの優位性が活きるでしょう。ですが、アマチュアにとっては、そういった分野しか出番がないように思います。

運動会の会場の広がりを撮影したいときは、iPhone11の超広角レンズを使えば十分です。お高い広角レンズを使用する意味はほとんどないです。

登山にもiPhone11があれば

まだ防水機能に若干の不安はありますが、超広角レンズを搭載したiPhone 11は無敵です。クライミングの時は落下させたくないし、岩で傷つけたくないのであまり積極的に使用する気になれませんが、ハイキング程度であれば問題なさそうです。

しかも、電池の持ちが長くなりましたので、不安が少なくなりました。

登山といえば、GPS性能が進化しているか気になります。大いに期待したいところです。

Follow on Feedly