iPhone 11 Pro Maxを使い始めて3日の感想

iPhone 6s Plus以来の大型サイズのiPhoneに戻してみて感じるのは、両手でフリック入力する時の快適さです。とても気持ちよく、両手によるフリック入力ができるので、ブログ原稿を書くのに困らないくらいに、快適です。

私の手は、日本人の中では大きい方になります。手の大きい人で、文字の入力が多い人は、iPhone 11 Pro Maxの大きさがしっくりすると思います。

大きさの正義と悪

私の手にしっかりフィットするサイズなので、持ち歩きも苦労しません。

ちょうど指先をグッと曲げる感じで、グリップ感がよく、安定しています。

iPhone 6s Plusの時の経験があったので、この大きさでも大丈夫という自信が個人的にはありました。ですから、フィット感が想像できない場合は、店頭のデモ機を触ってみて、感触を確かめるのがいいと思います。

高精細な大画面は優しい

画面が大きく、非常にキレイなので、R眼が進む私の目でも、文字を読むのに苦労しません。iPad Proをわざわざ取り出して、ネット・ブラウジングすることも減りました。

iPhone 7からの大きなジャンプアップなので、視聴環境は大きく改善されました。

そう、「音」の再生機能も大きく進化していました。

聞き流しには十分なステレオ感

音楽をヘッドフォンで聴くのが普通ですが、自宅や出張先のホテルなどで、とりあえず何か音を流したい時、iPhoneから直接それなりの音を出せればいいのにと思うことがあります。

Macbook ProやiPad Proを使用しているときは、そこから音楽を流せば、十分なステレオ感を楽しむことができます。今回のiPhone 11 Pro Maxは、そこまではいかなくても十分な音を鳴らしてくれます。これも、ボディが大きいからなのかもしれないですが、聞き流す程度のクオリティーであれば、もう十分と言えます。

意外と重くない

最初に手にしたとき、iPhone 7と比較してかなり重たいと思いました。

特に、手のひらの上に載せるやり方だと、てきめんに重さを感じます。

しかし、日常の使用ではそのように持つことはほとんどなく、ケースをつけてストラップをつけるなり、リングをつけるなりして、落下防止対策をしながら、握るように持つことがほとんどです。

そのような持ち方であれば、それほど重さを感じません。特に、両手でフリック入力をしている限りでは、全然苦になりません。でも、私の場合は、iPad Pro 12.9”を両手で持って、右手でフリック入力することもあるので、参考にならないかもしれないですね。

iPhone 7では片手でフリック入力するのが通常でしたが、私の場合、これだと入力が遅いのです。なので、両手フリックがデフォルトなのです。

iPhone 11 Pro Maxを片手でフリック入力するのはしんどいです。片手で操作することが通常な人には、大きさと重さはネックでしょう。

私のように、両手での操作を基本としている人には、ちょうどいい大きさで、重さも問題ない、と言えると思います。

存在感が大きい

iPhone 11 Pro Maxをカバンやポーチの中に入れると、その大きさからくる存在感に、ちょっと閉口します。

  • とにかく場所をとる
  • これまで使用していたポーチ類に入らない
  • 新しい居場所を作ってあげないといけない

などと、最適化に時間がかかりそうです。

バッテリーの持ちが良すぎる

初期設定をしていたときは、データの通信量が多かったからか、すぐに背面が発熱し、みるみるバッテリー表示が減っていきましたが、2日目からは安定し、十分なバッテリーの持ちを実感できます。これまで使っていたiPhone 7はなんだったのだろう?と思うぐらいに、バッテリーが減りません。

家族のiPhoneメイン機が全てワイヤレス充電に対応したので、複数台のワイヤレス充電器を自宅内に設置したのですが、とにかくバッテリーがもってしまうのでこまめに充電する必要がありません。ちょとびっくりしてしまいました。

背面の手触り感が良すぎる

ケースが届くまで、何も装着しない状態で自宅で使っていました。

落としたり、傷つけたりしないように、おそるおそる使っていたのですが、本体背面の手触り感が心地よく、頬ずりしたくなってしまうぐらいのサラサラ感でした。

画面と同じようにただツルツルの表面では、このような手触り感、柔らかさは出ないものです。購入したケースは裏面も保護しているタイプです。ケース売り場にもそのようなケースが大半並んでいますが、バンパータイプの側面だけを保護して、表面と裏面はバンパーの出っ張りで保護するタイプのケースはあまりありません。

店頭ではなかったのですが、アマゾンでバンパータイプのケースを見つけました。

背面の傷つき性に問題がなければ、バンパーケースに変更することも考えています。

他の項目は誰も話しているので

ナイトモードの写真がすごい、とか、そういう、誰もが書いていることは、事実です。

これは写真を撮るのが楽しくなります。

写真付きの日記が増えていきます。

そういった一般的なことは、世間に出回っている記事で十分ですので、私は書きませんでした。機能のすばらしさは、当然のものとして、大きさや使用感に特化して、感想をまとめてみました。

やっぱり、最新の機器というのはすごいものです。全部の機能を引き出すのは困難ですが、元を取ろうなどとケチくさいことは言わずに、トコトン楽しんでみよう、と気楽に構える方が良さそうです。

とはいえ、ノートパソコン2台購入できるだけの金額です。おいそれと手を出すことはできません。

ですが、私はこう考えました。

  1. 最新鋭のコンデジ
  2. スマートフォン
  3. ミニミニiPad

これらが一つになったものだと。iPad Miniを購入して、コンデジを購入して、そこそこのスマホを使用するよりも、全部が一つになったiPhone 11 Pro Maxを使用する方がはるかに満足感が高いだろうと。

使い始めてまだ4日目になったところですが、まさにそのようなところを感じています。

Follow on Feedly