iPhone 11 Pro Maxかな

ずっとiPhone 7を使ってきましたが、今回の新機種を受けて、iPhone 11 Pro Maxにメイン携帯を更新しようと思います。

決め手は大きさ

コストパフォーマンスの点から、iPhone 11はとても魅力的です。コンパクトなiPhone 7は取り回しが楽でした。

それに比べて、iPhone 11 Pro Maxは高くて、大きくて、重い。

にもかかわらず、何故それを選ぶかというと、画面の大きさが必要だということ。

どんどん進む、目の加齢現象というのもありますが、それよりも両手でフリック入力したいときに、画面の大きさが必要なのです。手が大きいので。

かつて、iPhone 6 plusを使用していた時は、とても快適にフリック入力ができていたのですが、コンパクトなiPhone 7では片手打ちになりやすく、モタモタしてました。大きい方が、私にとってはタイプしやすいのです。

電子ノートを読み返すのも、画面が大きく、コントラストの高いProのディスプレイに期待したくなります。

高機能なカメラも

14年以上のデジタル一眼レフのユーザーですが、スマホ1台で十分です。

高機能なカメラを気軽に持ち歩いて、写真を楽しみたいな、と思うのです。一眼は中古に出して、片付けてしまおうかと思います。

ビデオだって

デジタル断捨離の時に、15年前のデジタル8ミリビデオカメラを捨てましたが、4Kの高精細ビデオが撮れるのです。

もっと気軽にたくさん撮りたいと思います。しかも、編集もそのままiPhoneでできてしまうから、いいですね。iMovieで編集していた頃とは雲泥の違いです。

制約をしてるのは自分

要するに、なんだってこれ一台でできるのです。

機能を制約しているのは、自分自身。

もっとできることを楽しんで、可能性を広げ、発信を楽しむスタイルを模索してみよう、と思ったのです。ブログだって、iPhone 11 Pro Maxが執筆スタイルを変えるかもしれない。

これまでは、スマホの高機能化に食傷していたのですが、今年は攻めに転じてみようと思います。登山の写真も、もっと撮れるかな?明日の夕方、予約します。

Follow on Feedly