連休前日

泣いても、笑っても、何をしなくても、明日から10連休がスタートします。

すでに予定は決まっていて、決めた予定がスムーズに実行できることを期待するばかりですが、今日はその連休の後にやってくるだろう「混乱」を未然に防ぐための努力をする1日になりそうです。

忘れてしまうことを前提とする

これは基本的なことですが、

  • 今やっていること
  • これからやろうとしていること
  • 頼まれていること

これら全てについて、「忘れてしまっている自分」になってしまうことを前提とします。その対策は、「連休後の自分宛の申し送り書」を作ること。これが今日最大にして最低限のタスクになります。

ツールを最大限に活用する

しかし、です。笑い話ではなく、「自分への申し送り書」を紛失してしまう、どこに書いてあったか忘れてしまうという事故は起こり得ます。

そのため、リマインダーをセットしたり、プリントアウトして、自分のロッカーの目につく場所に置いたり、グループウェアなどを利用して関係者とタスクを共有したりします。

そうすることで、自分の身に何かあったとしても、とりあえずなんとかなるという状況に持ち込んでおきます。

メールの不在通知を活用する

日本ではあまり遭遇しませんが、海外では不在時の自動返信機能をよく利用しています。私は、今日の昼から不在連絡通知を自動的に発信するようにします。

なぜなら、上記の準備をしているのに、連休前の緊急依頼をされても困るからです。

ですから、予防線として「もうお休みモードですよ」と基本的に対応できないことをわかってもらうように、不在モードに移行しようと思うのです。

実際のところ、「自分がいないことによる不都合」は、自分が考えているほど大きく、重大なものではないことが大半です。

対応できそうにないのですから、あらかじめもうお休みですよ、と伝えた方が親切だと思います。

Follow on Feedly