ダイエット日記#5 停滞期を脱したか?

少し前まで体重は88 kgから90 kgの間を行ったり来たりしていましたが、この停滞期を意外と早く脱したようです。

先週は、海外から来客があり、その対応で1週間、夕食がお酒付きの外食ばかりになりました。
正直、「体重の維持が難しいな」と不安に思っていました。

ですから、一層食べるものに気を使い、お酒を飲むと

  • 揚げ物(唐揚げ、串揚げ、フライ、フライドポテト)
  • マヨネーズ、タルタルソースなどがこってりとのったもの
  • やきそば、ラーメンなどの締めの食べ物
  • 餃子などのカロリーの高いもの

を見境なしに食べてしまいがちでしたので、こうした注意点をしっかりと守るように、一つ一つに気を配っていました。

少し痩せた?が励みに

嬉しい誤算だったのが、いく先々で、「少し痩せました?」と、肯定的に声をかけてもらえたこと。
単純ですけど、ちょっとだけ嬉しくなってしまいます。

これは魔法の言葉、ですね。

ダイエット継続への、非常に大きな励みになります。

少しずつ好循環が形成されていく

このようにして、毎日、毎回の食事内容に注意しながら、でも、楽しむようにしていると、これまで食べたかった、いわゆる「デブの友」というべき食べ物への欲求が薄らいでいきましたし、毎回の食べる分量がちょっとずつ少なくなっていきました。

レコーディング・ダイエットに書かれていたように、これまでは食べたことを「覚えていなかった」、健忘状態だったということに気がついたのです。

必然としての「食事」を意識することなく、何を食べたという記憶も曖昧なままで、ただひたすらに食料を口に運んでいただけだったのです。これでは、太って当然ですよね。

「何を食べたのか」、「何を頂いたのか」という記録を残すことで、次の食事で何を食べたいのか明確にすることができますし、食べたことを忘れる「健忘状態」から抜け出すことができました。そして何より、1日3回の食事がとても楽しみになりました。

もともと食べるのは大好きですが、それがさらに好きになったように感じます。

体重87kgをきる

まだ最大瞬間風速的ですが、体重が87kgを切り、86kg台をマークしました。

まずはこれを確実にキープしたいですね。これでダイエットを本格的に始めてから5kgを落とすことができました。日帰りのハイキングの装備分の体重を落としたことになります。これは大きい変化です。

そして購入したスポーツジムの回数券の残りが、ついに4枚になりました。随分と通ったものです。月極めの会員だと、「元を取ろう」と、ただ回数を行くことばかりに気を取られ、何回行ったのか記憶に残りにくいのですが、回数券ならば、残り枚数が減るので、これだけの回数を行ったのだと、体感的に理解することができます。

やっている、という状態に満足するのではなく、「やった」事実と回数に注目するようにしていれば、ダラダラと実行したけど効果が出ない、という状態を回避できるようです。

次なる目標へ

次の目標は、クライミング・ジムに通って、徹底的にクライミングの練習をしながら、継続的に体重を絞っていくことです。

体重を落として、クライミングの技術を高めていけば、一つ一つの山行での安全領域を高めることができ、総合的な技術の底上げへとつながります。もちろん経験も重要ですので、今年は経験も積みたいのですが、同時に基礎力のアップも図りたいです。

Follow on Feedly