連休がすぐそこに

今週と来週の2週間を残して、長い連休に突入します。

やっぱり時間が足りないと、そう、思わざるを得ません。やること目白押しだからです。
こういう時は、まず想像力を働かせます。
連休明けに、自分はどんなことで苦労するだろうか?と。こんな苦労はしたくないな、と思うことを逆算すれば、自ずと連休前にしておくべきことが明確になります。今の時点で重要なのかどうかではなく、連休が明けた時、連休に突入した時に困らないようにするために、何が重要なのかを考えるのです。
優先順位とは、そういうものだと思います。
今の緊急事態というのは、いまさら間に合わないことが多いのであって、あとは精一杯やりましたという納得や自己満足に過ぎません。
それではお話にならないのです。

仕事の区切りをつける

特に仕事については、10日間も間が空いてしまうと海外との分断が発生してしまいます。

海外と共同して実行しているプランについては、キリのいいところまで進めておかないと、混乱してしまいそうです。連休前にすることとしてはこちらの優先度を上げて、出来るだけ今週中にカタをつけたいところです。

一方で、国内については、一番に意識すべきが物流。

物流関係が止まってしまうので、管理の甘いお客様には先回りして注意を呼びかけたほうが良いでしょう。

月次の報告書は、26日に集計して、不十分でもさっさと書き上げておかないと、連休明けに苦労すること請け合いです。

最も見逃せないのは、経費精算。これも連休の影響で締め切りが繰り上がっています。早めに今月の前半分は提出しましたので、こちらは何とかなりそうです。

プライベートの準備

今年の連休も春山に行きます。

その準備も今週中に行う必要があり、自宅での時間はそちらにも取られそうです。

でも、こちらは楽しいもの。コツコツと準備すれば間に合うでしょう。

家族との時間も大切です。

結婚記念日も控えています。レストランのピックアップ、予約も完了させないと。

こちらは焦らないで、じっくりと合意を形成しておかないと、です。

自分だけの時間は、今回ほとんど取らないだろうと思います。

一人でゆっくりしたいのならば、移動時間中に仕事をしないように心がけて、静と動、緩急をしっかりとつけて、1週間を送ろうと思います。

Follow on Feedly