伊豆・城山でのフリークライミング

先日の休日は、伊豆の大仁にある「城山」にて、フリー・クライミングを楽しんできました。

フリークライミングを始めたきっかけ

そもそも山岳会に入会した頃は、クライミングのクの字も知らず、勧められるがままにハーネスを買い、ジムの練習に参加するようになって、そのままの流れで外岩にも挑戦するようになりました。

このように書くと、流れで始めたように感じられるかもしれませんが、決してそんな簡単なものではありませんでした。

それまでの私はというと、アルプスの縦走など、歩くことが主体でした。つまりは「横方向への移動」。クライミングとなると、ジムのクライミングウォールをはじめとして、岩稜などの積極的な「縦方向への移動」になります。

この二つは全く異なりますし、危険度が全然違います。道具のみならず、技術の習熟を必要としますし、高度感などの怖さも全然違います。

積極的に楽しいか?と問われると、最初の頃は「自分の適用範囲を広げよう」と食わず嫌いでとりあえず参加してみる、という状態でした。好きでも、嫌いでもない、どちらかというと「よくわからない」という感じです。

初めての外岩の挑戦は、今回行ってきた同じ「城山」でした。

ジムと違って、どこに足を載せるか、指や手をかけるか、当然、全く目印がありません。ですから、初めて挑戦した時は、何をしたら良いのか右往左往していました。しかしながら、非常に小さなホールドに指をかけたり、足を乗せるという行為は、とても新鮮でしたし、それらを探すことが、何より面白いなと感じました。

3回ほど、外岩での経験を積み、2018年の夏は沢登りにも初挑戦しました。そうすると、フリークライミングでの学習効果があって、どこに足がかり、手がかりがあるのかが、見えるようになりました。ルートファインディングが少しずつできるようになったのです。そして逆に、沢登りの経験がフリークライミングの体験を深めることができることが、実感を伴って理解できるようになりました。

そんな感じで、1年経った今は、フリークライミングを積極的に楽しめるようになったのです。

城山 南壁

初日は、南壁のルートをトップ・ロープで何本か登りました。

今年の春に行った以来ですが、少しは上達を感じることができました。

表現が難しいのですが、より安定して登れるようになった感じです。

まだ、5.10aクラスのルートは困難がつきまといますが、楽しく登れるようになってきました。

初日の最後に、やさしいルートで、リード・クライミングに挑戦。なんとか初めて登り切ることができました。

始めてきた時は、スラブ壁にコテンパンに打ちのめされ、ズリずりとずり落ちてばかりでしたが、ようやく一つのルートでリードができるところまで進歩できました。ほぼ毎週のジムトレーニングを重ねた成果なのか、積み重ねの大事さを感じた日でした。

城山 東南壁

翌日は、南壁をマルチで上方へ登る人が多く、混雑もしていたので、静かな東南

壁で楽しみました。

塔南壁では、3本のルートを楽しんできました。リードで完登はできませんでしたが、挑戦して、無理なら途中で諦める判断が的確にできたのが収穫です。

Follow on Feedly