冬の夜はエッフェル塔で

仕事でフランスに出張していましたので、そんなに観光する時間があるわけではありません。

そんな時、2、3時間で観光できるパリのスポットを挙げるなら、夜ならエッフェル塔でしょう。エッフェル塔は夜23時まで営業しています。遅い時間まで開いている観光施設は珍しいです。ディナーの後でも観光できるので、とてもありがたいです。

今回の出張では、初めて夜のエッフェル塔を体験し、しかも一番上の展望台まで登ってきました。

ネットで入場券を買うことができる

当日はほとんど勢いに任せて出かけてしまったので、ネットで入場券が買えることを知りませんでした。現場で、ファースト・パスのように列に並ばずに入場できている人がいるなーと、のんきに思っていて、1時間近く行列に並んだ私たち御一行。

後で、すっごく後悔しました。

テロを警戒

世界的な観光地ですので、テロを警戒して厳重なセキュリティがなされています。間近にエッフェル塔を眺めていても、結構回り道を余儀なくされますし、手荷物のチェックなどもあります。

1時間ごとにキラキラと点滅

まるでスパンコールのように、銀色にキラキラと点滅する特別照明が、毎時間、数分間点灯します。

シャンパンの泡が弾けるような、そんな煌めきが溢れています。

お約束のサーチライトも、とてもエレガントで、美しいです。

チケットを買って、最上部へ

最上部までのチケットは、25ユーロ(2018年11月当時)。結構な値段です。

まず2階建てのエレベーターに乗って、最下層まで斜めに登り、次に上方に登り真ん中の展望台に到着します。

さらにエレベーターを乗り換えて、垂直に登ります。

上昇するにつれて、エレベーターとエッフェル塔の橋脚との距離がどんどん近づいてきます。エレベーターから見ていても、骨組みがとても綺麗で、うっとりしてしまいます。ただ登るだけなのに、なんだか楽しい!のが、エッフェル塔です。スカイツリーや東京タワーとは全然違います。

最上階は風が強い

当たり前のことですが、かなり風が強く、寒く感じます。

フード付きの防寒具・ウィンドブレーカーを持参することをお勧めします。

真珠のようなきらめきの、パリの夜景が360度、眺め渡すことができます。

写真は、凱旋門からシャンゼリゼ通りの方向です。

電灯の色がとても個性的で、温かみがあり、とても綺麗な夜景です。

けばけばしい、ネオンもなく、大人な街、落ち着いた上品な街です。

ひときわ明るく輝いている街路は、高級ブランドのショップが立ち並ぶ通りです。

商業主義はどうしても、ケバくなってしまうのですね。

降りるのも楽しい

夜間は、階段で降りることができなくなります。が、エレベーターの下りが、とても美しいです。思わず写真を撮ってしまいました。

最初から最後まで、楽しませてくれたエッフェル塔。昼間に、階段を登って景色を楽しむのもいいですが、夜、夜景を楽しみにのんびりと過ごすのも、とても優雅で楽しいものでした。

今度は、家族で行かないとね。

Follow on Feedly