フランスでクライミング・ギアを買う

先週は、仕事でフランスに海外出張をしていましたが、ちょっとだけ自由時間があったので、観光はそっちのけで買い物に出かけました。

山岳会に入会し、本格的なアルパインクライミングに挑戦するようになって、様々なクライミング・ギアが必要になりました。ハーネスとか、安全鐶付カラビナ、セルフ・ビレイを取るためのPASなど、必須のギアはもちろん持っていますが、命を預ける道具であり、ペツルなどヨーロッパ系のメーカー品が多いので、値段が高いのがネックです。

しかし、フランスで買えば、輸入などにかかるコスト、代理店のコストなどがなくなるので、2割ぐらい安く購入できるそうです。それならば、というわけで、事前に教えてもらった店にそそくさと向かったわけです。

カラビナやクック・ドローなどが安い

向かったのは、ソルボンヌ大学の斜向かいにある、アウトドア用品の豊富なバリエーションを持つ「AU VIEUX CAMPEUR」です。

様々なアウトドア・ギアを取り扱うショップなので、たくさんの店舗に分かれています。クライミング・ギアを扱うショップは、比較的大きな通りに面しているので、上図の地図にある、公園とソルボンヌ大学を目印に探せば、すぐに見つかると思います。

さて、早速店内に入ると、入り口の左手にカウンターがあり、ここで相談しながらビレイ・デバイスやカムなどのクライミングギアを購入できるようになっていて、その奥にカラビナやクイック・ドローなどのクライミングギアを手にとって検討できるようになっています。その右奥に、クライミングシューズとその履き心地を確かめるためのちょっとしたクライミングボードが置いてありました。

店舗は地下と2階にもあり、地下はロープ、スリング類が主として置かれていて、二階にはアイスクライミングの道具、ハーネス、ボルダリング・マットなどが置かれています。

アイス・クライミング・ギアを検討

日本では本格的なシーズンが1月前後と2ヶ月程度しかない、「アイスクライミング」は、とにかく道具が高いのが頭痛の種です。

昨年は、まだ初心者ということもあって、アイス・アックス(バイル)を先輩から借りて、アイスクライミングを楽しみましたが、心底楽しんだり、連れてもらうには、自分の道具があったほうがいいです。なので、今シーズンは、アイス・クライミング・ギアを一つでも多く持って、心置きなく楽しみたいと思っていました。

まずは、セルフビレイを取るためにも、支点構築のためのアイススクリューは外せません。

まず最初に購入するときは、

  • 21 cmの長いやつを1本
  • 次に17 cmの普通のサイズのものを数本

とアドバイスを受けていました。が、、、高いです。

スマホの電卓でユーロを円に換算してみたところ、日本でネット購入するのと大差ありません。

何本も購入できる予算がないので(アイス・アックスを購入したいので)、取り敢えず携行性に優れたサレワのアイススクリューをサイズ違いで2本購入するにとどめました。

次は、アイスアックス、本命です。

店舗には、ペツル、ブラック・ダイアモンド、グリベルなど、定番のものは置かれていました。事前のアドバイスで、ペツルのクォークが扱いが良いと聞いていたので、振り比べて、結局そこに落ち着きました。

クイック・ドローや安全鐶付カラビナなども

以上の買い物で、十分に免税範囲に突入していましたので、さらに予算の許す範囲内で、鐶付ビナやヌンチャク、スリングなどを大量に購入し、合計金額は10万円近くにまでなってしまいました。

DMMなどの高級ブランドは、日本で買うとかなり高いのですが、フランスで購入すれば、非常にリーズナブルな価格で購入することができます。

安全鐶付カラビナでも高いものでも2000円以下で購入できます。クイック・ドローも同程度の金額です。

ダイニーマ製やアラミド繊維製のスリングも、日本で購入すると結構な金額ですが、フランスで購入すると半額程度で購入できます。

ですので、山岳会の先輩には常々お世話になっているので、おみやげとして120 cmのスリングを買って帰ることにしました。

頼みの綱は免税還付金

フランスの消費税に相当する税金は、20%です。免税によりさらに20%安くなるということにもなります。10万円なら、8万円になるということです。これは大きい。

そこで地球の歩き方などのガイドブックを見て、申請書を作成し、帰国の際、手続きを取ってきました。

書類が正常に処理されると、クレジットカード口座に振り込まれるそうなのですが、、、少しだけ、心配です。

ともあれ、日本で購入するよりも、断然お得に購入できるので、またフランスなどの海外に出張する機会があれば、購入してこようと思います。

個人的に、日本で購入しても、返品などは受け付けてくれないし、どこで購入しても同じかな、と思っています。

Follow on Feedly