京都のタクシーで困ること

仕事の関係で京都に行く機会が多く、しかも、タクシーを利用する機会が相当あります。

しかし京都のタクシーは、決済手段がほとんど現金にしか対応してないことが多くて、とても困ります。

電子マネーを積極的に利用する理由

普段の生活では、電子マネーを使用する機会が多く、現金をあまり使わないようにしています。

その理由は、小額決済の管理をアプリで管理できるため、現金の場合の記録忘れを避けることができるからです。

お金の管理で困るのは、何に使ったのかわからないけど、お金がなくなっているという事態で、使途不明金が発生することです。家計簿アプリに自動的に取り込むことのできる電子マネーの利用は、その使途不明金を避けるための、「転ばぬ先の杖」になります。

タクシーの現金利用の弊害

仕事であれば、必ず領収書を受け取り、会社に費用を請求することになりますが、個人的な利用をする場合は、まちまちです。

また、支払いをして、タクシーを降りるときは慌ただしく、いくら支払ったかを家計簿アプリに即座に入力できなかったりして、記録忘れしやすいものです。

であるからこそ、確実に記録の残る電子マネーを使用したいのですが、京都では電子マネーも、クレジットカードですらも、まともに使えるタクシーが少ないのです。

これから指名使いするかも

このあいだ京都駅からタクシーを利用した時、たまたま乗った「東京・日本交通京都」の支払い機能を持ったタブレットが秀逸でした。

こちらのタブレットでは、支払い方法を多数のオプションから選択でき、後部座席にいたまま、運転手にスマホ画面を見せることなく、支払いを完了させることができます。

しかも、アプリに決済手段を登録しておけば、バーコードを読み取るだけで、決済をネット上で済ますことができます。

豊富な決済手段

  1. クレジットカード
    • Visa
    • MasterCard
    • JCB
    • UnionPay
    • American Express
    • DinersClub INTERNATIONAL
  2. 交通系IC、電子マネー
    • 楽天Edy
    • QUICPay
    • WAON
    • nanaco
    • iD
  3. 決済アプリ
    • JapanTaxi Wallet
    • Origami
    • Alipay
    • WeChatPay

※一部地域は非対応ブランド有)

京都駅から目的地に移動する時は、タクシー会社を選択することはなかなか困難ですが、目的地での仕事を終えて京都駅に戻る時は、このJapan Taxiの配車アプリを使ってタクシーを依頼して、スマートな決済手段でストレスフリーに帰路につきたいです。

Follow on Feedly