違和感との戦い

これは性格なのか、自分自身の欠点と言うべきか、同じ環境に居続けることを苦手としています。

良い方向に進んでいくのが理想ですが、そうだとは思えなくても、とても居心地のいい理想的な場所にも拘らず、すぐに飽きてしまって、留まることが出来ずに、先へ、先へと進みたくなってしまいます。

そう、私の場合の違和感というのは、このままここに留まっていたくない、先へと進みたいという違和感なのです。

焦るな

そんな自分に対して、

  • 焦るな
  • またゼロから始める辛さをわかっているのか?
  • 再び放浪することになるかもしれないよ
  • いまより状況が悪くなるかもしれない

と冷静になるように呼びかけています。

いっときの気の迷いかもしれません。

無理に新しいことを始めようとして、消化不良になるかもしれません。もう、若くはないのですから。

でも、「挑戦する」というのは、とても魅力的なのです。誘惑といってもいいぐらいです。それにしても、戦線を拡大するのはあまり好ましくないと、自覚しています。

仕事に対する挑戦はどのぐらいがちょうどいいのか?

過去数回転職していますが、挑戦がない環境が苦手です。

ほどほど、そこそこ、が楽なことは間違いないです。でも、楽しくない。

DecentなPointを探すのは、なかなか難しいものです。

仕事とプライベートのバランスが取れていることが大前提で、なおかつ、家族を養っていかなくてはなりません。

挑戦に及び腰になって、将来に突き抜ける機会を失いたくもありません。

自分一人だけのことでもないですから、バランスは特に難しいです。

ないものねだりなのか?

そうなのかもしれません。

秋の寂寥とした雰囲気が、そのような方向に気を向けさせてしまうのかもしれません。

週末は山に向かい、岩にへばりつく予定です。

そうして、真剣に自分に向き合うことで、気持ちが整理されて、迷いが取れたらいいなと思っています。

Follow on Feedly