2018年10月

すぐにやるの判断軸

すぐにやる、が原則です。 でも、何事も全てはできません。選択軸が必要です。 さて、あなたはどう考えていますか?

ツールに任せるべきこと

メモを残す?タスクリストに書き足す?など、ツールに託すか、そうしないかの一線をどのように決めますか? 自分がどのような状態であっても判断可能な、判断軸はありますか?

参考情報と認識情報

参考程度に留めておくべき情報を鵜呑みにしてしまって、現在、自分が置かれている状況を正しく把握して、現実と情報のズレを認識することができなくなっていませんか?

マイナスの心技体

うまくいかない時は、体調面も下降曲線をたどる傾向にあります。心技体がマイナスに作用しているケースです。こんなときに限って、というときに風邪をひいてしまうのは、「心・技」も良くない状態だからなのかもしれないですね。

決めつけない

私は、「決めつけ」てかからないように、注意しています。決めてかかる方が楽なのですが、あえてそうしないようにしています。 グレーゾーンの多様性を信じているからです。

今やる?後で?での判断

すべきことが発生したら、すぐに手をつけることです。後で、と何もせずに先送りすると、どんどんすべきことが積み上がってしまいます。どうするか?ちょっとやって、考える。が基本です。

速攻で合格点を取る

仕事においての鉄則の一つは、速攻で60点レベルまで持っていくこと。その上でフィードバックをもらい、効率よく100点まで、時間配分をして持っていくことです。

Follow on Feedly