ちょっとしたこと

Review(振り返り)は大事

振り返ることはとても大切ですが、日々に忙殺されて、十分な時間を確保しにくいものです。加えて、技術的な工夫も必要とします。そこで全てを一つにまとめたバレットジャーナルを3分割することにしました。

ピロリ菌の再除菌は保険不適用

沢の水を飲んだり、雪渓の雪を水に溶かして飲まざるを得ない、渇きへの対処をせざるを得ない場面がありました。なので、ピロリ菌の再感染を疑ったのですが、感染したとしても、3回目以上の除菌治療は受けられないそうです。

no image

古いデジタルガジェットの断捨離

水道管の破損による菓子屋の修繕工事のため、押入れの中のものを全て取り出さなくてはならなくなりました。そしたら、10年ほど前は現役だった、数々のデジタルガジェットが出てきました。懐かしいのですが、もう役には立ちません。

連休がすぐそこに

もうまもなく連休がやってきます。いろいろなことをある程度終わらせておかないと、連休明けが怖くなります。ここはひとつ想像力を働かせながら、やるべきことを整理しておこうと思います。

作業スペースを確保する

年度始めである4月1日、思い立って自分のスペースの片付けをしました。目的は作業スペースを確保すること。会社での荷物、PC類を整理整頓するスペースを作業スペースの奥に取ること、です。

時間の区切りを利用する

今日はかなり特別な日です。年度の始まりであり、週の始まりであり、新しい元号の発表された日。何かを始めるには、またとない機会です。

リファレンス面接

外資系だったり、転職経験がそれなりにあると、「リファレンスの面接」をお願いしたり、お願いされたり経験があるかもしれません。リファレンスの面接とは、採用側と応募側の直接の面接だけでは判断できない部分を、応募者のことをよく知る人に面接して、悪くいうと「裏を取る」ために行う面接のことです。具体的には、応募者は2人ぐらいのリファレンス面接者を採用側に提案し、採用側はリファレンス面接者に電話をかけて

Follow on Feedly