出口の見えない不安

4月になった。新年度を迎える、改まった気持ちは残念ながら起きない。引き続き感染拡大が懸念されるCOVIDー19の見えない不安が覆っているからだ。

自粛要請は卑怯

しかしなんであろう、この「自粛」というのは。周りの目を見て行動しなさい、と言われているみたいで、とても居心地が悪い。

COVID-19による引きこもりと雪と

先日の東京都知事による自粛要請の週末は雪に見舞われ、より外出を控える効果を生みました。さて、今週はどうしましょうか。

新幹線eチケット(JR東日本)は使えない

新幹線は、ネットで素早く予約し、スムーズに指定席にたどり着きたい。でも、新しく始まった新幹線eチケットサービスは、その実現には程遠い。

ドメインの更新

ドメイン名の契約を更新しました。今やプライベートの名刺みたいなものですね。

2020確定申告

先週は確定申告をしてきました。会場は、50歳以上ばかり。かなり待たされました。

さよなら親指シフト

指がしゃべる感覚で、タイプするのが楽しかった、そして、「楽(ラク)」だった親指シフトによるタイピングをもうしないことを決めました。7年ほど前に挑戦し、様々な環境で試行錯誤してきましたが、さよならです。

過剰反応と無関心と

世界的な不安が継続する中、情報に対してどのように接するのが妥当なのでしょうか?積極的無関心、というのはありなのだろうか?

仕事とプライベートとモバイルデバイスと

特に移動時間は、あれもこれもしたい、できるだろう、の期待に溢れます。だから、使いもしない(できない)プライベートなデバイスを持ち歩いてしまうのです。でも、機会損失を恐れて、なかなか絞り込むことはできないものです。

Jack Welch (ジャック・ウェルチ)

昨日、Jack Welch氏が逝去された。かつてGEグループの一事業部の日本法人に勤めていたので、少なからず影響を受けた。

右へ倣えでいいのか?

ある時を境にして、急にCOVID-19の無関心から過度な恐れにシフトしました。で、一斉に右に倣え的な対応。正しく状況を理解していますか?自分の頭で考えていますか?

COVID-19は本当に怖いのか?

ようやく報道が現実を認識し始めましたが、徐々に自粛モードが広がりそうで嫌な予感がします。今年の春は、人生で一度きり。したいことを諦めることなく、十分に気をつけた上で楽しみたいものです。

コロナウイルス(COVID-19)の混乱はこれから

感染者が増えることより、いつまで経済が機能不全で続くのかを心配した方が良いのではないでしょうか?

アイスクライミング 2019ー20シーズン

2019-20シーズンのアイスクライミングは、なかなか厳しいものがありました。その中でも、アプローチの技術、純粋に登る練習をしたりと、それなりに成果を残せたかなとは思います。

ストレスの解消は難しい

しばらく、非常にストレスの多い状況にあります。 心がささくれ立ちそうです。厳しい。 そんな時、どうするのか。せめて心掛けだけでも。

波乱続きの年初に向き合う

2020年は波乱の1月に始まり、そのうねりは高くなるばかり。できることは真摯に向き合うこと。それだけです。必要以上に背追い込まないように注意しつつ。

振り返りが苦手な理由

50歳に近づいているというのに、いまだに振り返りが苦手です。レビューというものです。毎日できる人を少し尊敬してしまいます。

家族旅行2020 鹿児島

週末は、久しぶりに家族そろっての旅行で鹿児島に行ってきました。山川砂蒸し温泉。波の音を聞きながら砂の中に身を埋めて、デトックスです。

ストライキが常態化したフランスにて

ストライキが常態化しているフランスの移動は苦労しました。電車の時刻表は全く当てになりません。チケットも。指定席を購入した電車が出発が延期され、しかも運行停止になるだなんて、、、

グローバル経済の一段の進展の中のウイルス禍

世間を賑わせている新型コロナウイルス禍。これから経済への影響が強く出るのではないかと、戦々恐々としています。

読みたいことを書く

ブログの更新が滞っていました。先を急ぎ過ぎて、今、ここに対する集中力に欠けていました。そして、ブログを書く理由を見失っていました。

セールに食傷気味

世の中セールばかりの昨今です。物欲とどうしても対峙しなくてはなりません。どう乗り切りますか?

ブログを書くということ

ブログを書くことは楽しくできることを最重視しようと思います。書くことは自分にとって楽しいから、だからブログを書いています。自分にとってもためになっています。「楽しいか?」を判断基準において、ブログを楽しみたいと思います。

同窓会

同窓会の案内。こちらの連絡先がわかるように、すぐに不参加の連絡をします。私には過去を懐かしみたい気持ちは微塵もなく、これからのことにしか興味がないからです。

Review(振り返り)は大事

振り返ることはとても大切ですが、日々に忙殺されて、十分な時間を確保しにくいものです。加えて、技術的な工夫も必要とします。そこで全てを一つにまとめたバレットジャーナルを3分割することにしました。

Follow on Feedly