仕事の緊急度を不用意に高めない工夫とは

仕事の緊急性には罠があります。「特急で対応して」と依頼されると、しょうもない案件でも重要な案件のように感じてしまいます。逆に、超重要な案件は時間かけていいよと言われて猶予をもらっているはずなのに、なかなか着手せずに期待以下のものに終わってしまう。そんなことありませんか?

続きを読む →