「残業をしない」というのはそれほどおかしなことか?

残業するのは当たり前ではありません。異常な事態です。でも、日本ではそう思わない人が非常に多い。しかし、決められた時間枠の中で、求められる成果・貢献を果たすにはどのように働くべきか、プロセスを改善すべきかを考えなければ、生産性は上がりません。残業を許容するとは、「時間を効率的に使う」ことに対する逃げです。さらに、自分自身が本来使うべき時間を殺していることでもあります。重要な決断をするためには、「心」は「時間」を必要とします。そのための時間を作るには、仕事は定時に終わらせなくてはなりません。

続きを読む →