友人からの紹介:エージェント、ヘッドハンター

将来への不安がことさら大きくなり、未来への展望などという明るい言葉は、自分の辞書から抹消されている。冬晴れのきらきらと混じり気の無い清らかな空気が、鋭い凶器として自分をさいなんでいく。家族に弱みを見せられず、人前でなくことは許されず、ゆくあての無い魂の彷徨が続く。

続きを読む →

青天の霹靂

初めてリストラの対象となったのは、35歳になったばかりの正月休み明けのことでした。
1月特有の抜けるように青い、東京の空の下で、文字通りの「青天の霹靂」に遭遇したのを今でも思い出します。

続きを読む →