新生活にパンツ・プレスを

4月から環境が変わり、毎日スーツを着ることになったら用意したいものがあります。それは、パンツ(ズボン)・プレス。

折り目の揃ったパンツか、ヨレヨレのパンツか、では、見た目の印象が違うだけでなく、朝のスタートの気分が全然違います。

スポンサーリンク

朝の時間は効率よく使いたいので

1分たりとも無駄にしたくない、貴重な朝の時間。

アイロンを用意して、当て布をあててシワを伸ばす悠長な時間はありません。

立て置きタイプのパンツ・プレスならば、朝起きた突起にパンツをセットしておけば、着替える時には折り目の揃った「パリッ」としたパンツになっています。

朝の一連の流れの中に、パンツプレスをするルーチンを組むことで、身だしなみを整えることが無理なくできます。

特に、二日酔いの状態の時には、パンツ・プレスのありがたさが身にしみます。

効率的な投資でもある

スチーム・アイロンなどを買えば、もっと多様な使い方ができて、便利で、経済的と思うかもしれません。

ですが、パンツ(ズボン)のアイロンがけは面倒です。シャツはノーアイロンの機能性シャツを着ればシワが目立たなくなりますが、スーツなどのパンツではそこまでの機能のものはありません。

機種にもよりますが、1万円前後から高くても3万円ほど。消臭機能などに関心が向くかもしれませんが、余計な機能がついていない方が壊れにくく、結果的に経済的です。

私が所有しているのは、パナソニックのパンツ・プレスですが、15年ほど愛用して使用しています。挟んで、熱を加えるだけの家電ですので、壊れにくいのも事実です。

パンツ・プレスの選択基準

パンツ・プレスの選択肢は残念ながらあまりありません。

私が愛用している、パナソニック製のパンツ・プレスはすでに販売を終えています。Amazonを検索しても、数件のメーカーしかありません。

もし量販店で見かけたら、何を基準に選択すべきか、愛用者の視点でまとめました。

  1. 立て置き型であること
  2. 前面がガラスであること
  3. シンプルな機能であること

の3点です。

使用するたびに取り出すのでは、次第に使わなくなります。クローゼットのすぐ脇にいつもスタンバイしていると、一連の動作でプレスできます。ですから、立て置き型であることが必須です。

現在販売されているもので、前面がガラスのものはほとんどありませんが、パンツをセットした時にガラス前面からパンツの状態が確認できるので、失敗いらずです。もしガラス製のものがあれば、迷うなくこちらを選択しましょう。

消臭機能をうたった製品もありますが、不要です。

臭うなら、消臭スプレーをかけるか、クリーニングに出すと、マイルールを決めて、シンプルな機能のものにした方が経済的です。ネットのレビューを見ていると、本来とは関係ない部分で壊れた話を散見します。長く使い続けることのできる家電ですので、シンプルな機能の方が壊れにくいので、オススメです。

気分良く一日をはじめよう

ビシッとスーツを決めるだけで、気分は上がります。

スタート・ダッシュと言わないまでも、朝からモティベーションをあげるなら、パンツ・プレスは必携です。壊れにくいので、長期間使い続けられます。

毎日スーツを着るようになったら、ぜひ揃えたい家電の一つだと、断言できます。

よく読まれている記事

スポンサーリンク

編集後記

自分がズボンプレスを買ったのは、営業の仕事に異動になって毎日スーツを着るようになったからです。最初は高い気がしましたが、結局15年ほど使い続けることができたので、かなり安い投資でした。

パンツがよれよれだと、あまりいい気がしません。

バシッと決めていきましょう。

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄にご記入ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.