DayOneをPremiumにした

最近ブログを毎日書くようにしてから、日記を書く量が増えた。

それと同時に、過去の同じ日の日記を読み返すことが多くなった。

iOSとMac OSでSyncできる日記アプリ、DayOneを愛用しています。もう5年以上使い続けています。

スポンサーリンク

過去の自分と今の自分

日記にはいろいろなことを書いています。

感じたこと、不安に思うこと、なんとかせねばと思っていることなど、その時その時の自分の内面が投影されています。

記録としては役に立ちませんが、過去の自分と今の自分とを対面させることで、自分の成長を感じることができますし、その間に乗り越えてきたことに思いをはせることもあります。

去年の今頃は、とか、3年前の今日は、というように、時間軸を貫いて、自分と対話できるのが、長く日記を続けることの醍醐味だなと思うようになりました。

ずっと続けたいから応援したい

今回プレミアムのサブスクリプション制に切り替えたのは、ずっと応援したいと思ったからです。ブログを書く環境として利用しているUlysessも同じように、自分が長く使いたいものには、多少は投資して(サブスクリプションして)応援したいからです。年間数千円は安くはありませんが、その価値を認めるからこその応援です。

DayOneに書いた日記は、Macなどのローカルな環境で残るだけではなく、クラウドベースでずっと残り続けることが理想です。Evernoteもそうですが、自分の人生が続く限り継続して欲しいサービスは、多少のお金を払うことで応援できたらと心底思うのです。

かつては、そのソフトウェアがないと仕事にならないから、という理由で無意味なアップデートに付き合っていました。でも、いまは違います。

より良くなるためのサポートをしたいし、心地いいアップデートを続けていってほしいのです。機能過剰はいりません。それより、長くサービスを続けて欲しい。

だから、積極的にサポートする。そういう時代になっているのだと思います。

Evernoteとは違った役割

私にとってDayOneは、Evernoteとは違った形で記録を残すツールになっています。Evernoteは形ある情報がベースになっています。一方でDayOneには私の心、思い、悩みといった、形になりにくいことが文章、写真などの形で保存されています。

アプリを起動するタイミングも全く違います。

全て同じツールで賄うよりも、シチュエーションや利用方法に基づいて、ツールを使い分ける方が、私の場合しっくりきます。

今後とも、DayOneを応援し、長く使い続けていけたらと願います。

よく読まれている記事

スポンサーリンク

編集後記

Premiumにサブスクリプションしたら、さらに日記を書くようになりました。これはいい効果なのでしょうか。

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄にご記入ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です