勉強のお供にiPad Pro

社会人になったら、継続的な勉強が必要です。

私は、仕事で半日単位の余裕時間ができたら、できる限り図書館(国会図書館、都立図書館、自動車図書館など)に出掛けて、勉強するようにしています。

スポンサーリンク

図書館での制約事項

図書館では、写真撮影を禁止していたり、パソコンの使用も制限されているところが大半です。これまでは、ノートに書き写して情報を整理していましたが、あとでパソコンに取り込んだり、情報を再活用するのに苦労していました。

パソコンを使用できる図書館であっても、あまり大きな音を立ててタイプするのも憚られます。しかも、パソコンでは図表、グラフなどを書き写すのが面倒です。結局ノートも取り出して、手書きで書き写すことになります。

iPad Proだからできること

iPad Proは、手書き電子ノートとテキスト入力のバランスが最高です。

図表、グラフ、図解などは、iPad ProとApple Pencileを利用して、紙のノートに書くよりもスマートに書き写すことができ、画像として書き出せばラフな情報としてそのまま再利用が可能となります。

さらに、スマートキーボードは、打鍵音が比較的静かで、図書館での使用に最適です。

もう、肩身の狭い思いとは無縁です。

テキスト文章はスマートキーボードでEvernoteの新規ノートにタイプ入力して、図表・グラフなどは手がきで書き写し、共有メニューでJPEG形式としてコピーし、

タイプ入力したEvernoteのノートに貼り付けます。

こうすれば、コピペが可能な情報とグラフィカルな情報とをまとめたノートを簡単に作ることができます。

英語の勉強にも

英語の勉強をするときも、音声を聞きながらタイプできるし、手書きもできます。

Split Viewにして、音声をバックグランドで流しながら、テキストとノートを同時に開くことができるわけです。

これは超絶便利ですね。

書くことは重要

勉強において、手書きで書くことは超重要です。

タイプしているだけですと、情報が上滑りして、自分の中に蓄積されていかない感じがします。タイプする情報と、手書きのノートとしてまとめる情報。これらを区別して扱いつつも、情報としては統合できる環境を構築できるのが、iPad Proのすごいところです。

今週、Appleから教育関連で新しい発表があるとの噂ですが、Chrome bookでなく、iPadを選択する強い動機づけとなるのが、手書きノートとして使用できるポイントになるのではないかと思います。

今日図書館で勉強していて、iPad Proを持っていてよかったなぁと再実感した1日でした。

よく読まれている記事

スポンサーリンク

編集後記

国会図書館は、持ち込める荷物に制限があり、透明のポリ袋に全ての荷物を入れた状態でないと入館が認められません。しかし、iPad Proであれば、これひとつでOK。ノートもペンケースも必要ありません。

スッキリ荷物がまとめられて、勉強にはフル活用できる。最強のパートナーです。

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄にご記入ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.