iPad ProはNote PCを置き換えられる?

iPad Pro 12.9インチを毎日持ち歩いています。

でも、Note PCの保つ役割を超えられるとは思っていません。また、そのように考えること自体が、無意味です。

スポンサーリンク

iPad Proは相棒であるが

iPad Proは手放せない相棒です。

ちょっとした文章を書きとめたり、電子ノートとして活躍したり、Webブラウジングや調べ物をしたり、YouTubeやAmazon Primeの動画を見たり、音楽を聴いたり(iPad Proの内蔵スピーカーを鳴らすと結構いい音がします)、多種多様な活躍をしてくれますが、使用する目的は明確です。

iPad Proで使用・処理することが明確であれば、目的を達成することは容易です。しかし、処理する内容が多岐にわたっていたり、試行錯誤が必要な場合は、選択肢が限られてしまうため、対応できる範囲が限られてしまいます。

また、タッチデバイスであることの弱点として、編集ポイントが多数あるときは、移動や微調整が面倒で、作業性が悪い時があります。キーボードからあまり手を動かすことなくタッチパッドでカーソルやポインタを移動できるノートパソコンと比較して、いちいちキーボードから手を離して、画面をタッチするのは、頻発すると面倒になります。

iPad Proに向くのは、目的が明確でシンプルな操作で済む事です。

リンクを多用しない、画像処理を多用しないブログであれば、iPad Proでの執筆が便利です。画面キャプチャに注釈をつけ、事細かく解説し、リンクもバシバシ貼り付けるブログ記事の場合は、iPad Proでは面倒で、とてもやる気になりません。

代用しようとするのではなく

iPad Proだけでノートパソコンを必要としない仕事のスタイルを作ることはできます。でも、ノートパソコンを用いてやっていた、仕事のやり方を変える必要があります。もしくは、そもそもパソコンを必要とする仕事をしていなかっただけかもしれません。

でも、もう少し高度で複雑なことをしようとすると、また、色々と試すなど考えながら作業したい場合には、iPad Proには不向きです。万能ツールではない、切れ味鋭い単一目的に強いツールなのです。

代用ではなく、XXをしよう、と目的と手段を決め、それに見合うアプリや環境を整えれば、ノートパソコンよりもはるかに優れた働きをします。

ゴールが明確であっても、手段が決まらない場合は、自由度の高いノートパソコンの方が使い勝手がいいです。

結論:何をどうやってするか?が明確ですか

iPad Proを活用できるか、できないかを左右するのは、

  • 何をやるのか
  • どのアプリを用いるか
  • アウトプットの手段

です。プレゼンや、ブログ投稿であれば、iPad Proで十分ですが、プリントアウトとなると結構面倒です。データを手渡すのか、メールやクラウドツールで共有するのか、によっても、使い勝手は変わってきます。

あなたにとって、これらが明確であればあるほど、iPad Proは大活躍してくれるだろうと思います。

そうではなく、あくまで希望的な観測のみに支配されていると、宝の持ち腐れになる可能性が高まってしまうでしょう。

よく読まれている記事

スポンサーリンク

編集後記

何事もそうですが、What、How、Whereなど、5W1Hを明確にしないで、期待だけで投資すると失敗します。iPad Proを電子ノートにする、も十分な使用目的です。それだけで元を取っていますが、さらにブログを書く上でも役に立っています。

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄にご記入ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です