iPad Pro Cellularモデルが手放せない理由

宿泊を伴う出張のみならず、近距離の外出、会社に通勤するだけであっても、iPad Proを持たない日はありません。もう想像できないくらい、持っていて当然の相棒です。

スポンサーリンク

手放せない理由1

ノートとして使うから。

最大の理由が、ノートとして使うため。

もはや、手帳も、紙のノートも使わなくなりました。

iPad ProとApple Pencileを使うようになって、

  • 紙よりもスムーズに綺麗に書ける
  • 消しゴムを使うことなく、書き直すのも簡単
  • どのノートに書いたかを気にする必要がなくなった

といったメリットが絶大すぎて、iPad Proによる電子ノートに満足しています。

紙のような書き心地になる、シートの効果は絶大でした。

最初買ったシートは貼り方を誤ってしまって、折れ目が付いてしまいました。書き味良好なので、張り替える必要はあまりなかったのですが、折れ目が気になって貼り直したぐらいに惚れています。

消しゴムがいらない、カスも出ない。

書き間違えた時や、図などを書いていて細かく修正したい時に、紙に書いているときは消しゴムなどが必要ですが、Note Alwaysというソフトを使えば、簡単に消したい部分だけを消すことができます。ソフトで、消しゴムツールを選択する必要はありません。Apple Pencileを握ったまま、指でこするだけです。

現物の紙のノートを使っていたときは、ノートごとに書く内容を決めて管理していました。
しかしながら、内容による分類をつけられないケースも存在し、どのノートに書くか迷ったり、どのノートに書いたか忘れてしまったり、どれも中途半端に使わなくなったノートにあふれたり、と無駄の多いノートシステムでした。

iPad Proでは、ノートの種類分けを気にすることなく、Evernoteに出力して、分類すればいい、という新しい方法が可能になりました。分類は後ですればいいという割り切りで、気が楽になりました。

手放せない理由2 :タイプしやすいSmart Keyboard

新幹線などのテーブルのある車両だけでなく、通勤型電車で膝の上にスマートキーボードを装着したiPad Proでタイピングしていても、びくともしません。

キーボードがたわむことなく、快適にブラインドタッチでタイプできます(親指シフトができないのだけが残念)。

駅に着くまでのわずかな時間でも、気にすることなくタイプを継続できるので、こまめにキーボードでタイプすることが増えました。

手放せない理由3:こまめにクラウドに接続できる

Macbookなどのノートパソコンのように、ネットに接続することを意識しなくても、iPad ProのCellularモデルなら、意識することなく、ネットに接続します。

まったくストレスなくクラウド環境を利用できるので、とても楽チンです。

まめにタイプした文章が、まめにクラウドに保存されます。この安心感があるので、 細切れの作業を進めることが楽になりました。結果として、より多くのブログ記事を書くことができています。

大きさは気にならない

私は、12.9インチのiPad Proを持ち歩いて生活していますが、まったくストレスになりません。なぜなら、普通のノートパソコンとまったく同じ大きさだからです。A4サイズのノートパッドを持ち歩くのと大差ありませんし、重量も許容範囲内です。

逆に小さすぎると、電子ノートとしてのキャンパスの広さに不満が出そうです。

ノートとして使用するからこそ、この大きさが丁度いいです。

また、ノートパソコンと同じ大きさであるからこそ、収納にも困りません。

カバンや、ザックなどへの収まりがいいのも、隠れたメリットです。

かつて、10インチのiPad Airを使用していたときは、パソコン、iPhone、ノートブックと全部バラバラの大きさでしたので、収納のバランスに苦労しました。iPad Pro 12.9インチなら、そのような心配は皆無です。ただ、ノートパソコンの厚みが大きくなっただけとして、バランスよくカバンに収めることができる勝手の良さに助かっています。

使ってよし、持ち歩いてよし

というわけで、iPad Pro 12.9インチを毎日持ち歩いています。

山に登る時を除いて、ですが。

よく読まれている記事

スポンサーリンク

編集後記

本当にいい相棒です。荷物としてまとめやすいのが、良い誤算でした。

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄にご記入ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください