caps lockで「英/かな」を切り替える方法(Mac)

iPad Proの使用頻度が上昇しています。

非常に良いことなのですが、その分Macbook Proの使用頻度が下がり、「英/かな」の切り替え方法が異なることがストレスになってきました。

スポンサーリンク

USキーボードでの「英/かな」切り替え

JIS配列であれば、ほとんど同じキー配列で戸惑うことはないでしょうが、仕事で付与されているパソコンがUSキーボードであることから、使用感の統一を図るためにMacでもiPadでもUSキーボードにしています。

USキー配置の場合、「英/かな」切り替えを「Control + Space」キーとするのが標準仕様になっています。私はずっと変更前の「Command + Space」に慣れているので、後者の切り替えキーを利用していました。

しかし、MacとiPadを行き来しようとすると、「英/かな」の切り替え方法がバラバラで、実に面倒です。iPad Proでは「caps lock」キーだけで「英/かな」の切り替えを交互にできるからです。

Karabiner

iPad Proでキーの配列を変更するのはほとんど無理です。

一方でMacであれば、親指シフト化する時に活躍したキーボード・カスタマイズソフト(キーの配列をソフト的に変更するソフト)を活用できます。

ちょっとした検討で、「Caps lock」キーで交互に「英/かな」を切り替える、同じ環境に成功しましたので、共有したいと思います。

Macでキーリマップソフトといえば、泣く子も黙る「Karabiner」です。

参考にしたのは以下の記事です。


少し前に実装された「complex modifications」の機能により、交互に「英/かな」を切り替える機能が実現しています。

赤ワクで囲んだ「英数・かなキーをtoggle方式にする」をインストールします。

あとは、「Simple Modifications」で「caps lock」キーを「かなキー」に置き換える設定をするだけです。

これにより、iPad ProのSmart Keyboardと同じ環境にすることができました。

caps lockによる「英/かな」切り替えのメリット

USキー配列では、左のshiftキーとtabキーの間、「A」に左隣に「caps lock」キーがあります。通常、左手の小指で打鍵することになります。

全部大文字の英文を打つことは極めて稀なので、日常生活において「caps lock」キーが重宝する機会はありません。

この「caps lock」キーで「英/かな」の切り替えができることによるメリットは、「Markdown記法」において多々あります。

Markdownでは英数記号を使って、スタイルの情報を入力します。ブログを書くときは、段落の「#」や箇条書きの「ー」をタイプすることが多く、頻繁に英数とかなのモードを行き来します。

この切り替えを「caps lock」キーを使うことで、そのまま「左shift + 3」による「#」の入力がスムーズになります。数字の箇条書きも同様です。

ほんの些細なことですが、指の動きに連動性が出てくると、Markdown記法でのタイミングにリズムが出てきて、楽になる感じがします。思い返すに、Macbook Proでブログを書く頻度が下り、iPad Proに偏ってしまったのは、この「英・かな」切り替えの連動による便利さに起因するところもあったように感じます。

事実、このブログ投稿はMacbook Proで書いていますが、これまで以上にスムーズに書き進めることができていて、ちょっとビックリしています。

よく読まれている記事

スポンサーリンク

編集後記

こんな些細なことだけで、作業性が大きく異なることに驚きました。

JIS配列キーボードでも同じことが言えるかもしれないです。

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄にご記入ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください