完成度を高め過ぎない

なんでも完成度を高めればいいというものではない。

でも、それを真に理解するのは難しい。

スポンサーリンク


仕事や責務に責任感を持ってあたるのは当然のことだが、求められる要求を正しく理解することなく過剰品質なアウトプットをしてしまうミスというのが存在する。

要求基準をクリアしているのだから、いいことではないかと思うかもしれないが、

「Too much is no good: し過ぎることは、全くよろしくない」

のである。なぜなのか?

過ぎたるは及ばざるが如し

相手が必要とするもの以上のものを提供すると、次回以降はそれが基準となる。みすみす相手の期待値をあげてしまったわけだ。次に同じアウトプットを要求された時は、最低でも今回と同様の品質を維持しなくてはならない。

過剰品質に至ってしまったということは、しなくても良いことまでしてしまったということ。時間、集中力など、リソースを浪費してしまった可能性が高い。些細なことと思うかもしれないが、他のことに回せたかもしれないリソースを無駄にした罪は大きい。

もっと別のアウトプットを積み上げることができたかもしれないし、休息時間をもう少し取ることができたかもしれない。トータルの人生の質を高め、豊かな時間を過ごすことができたかもしれないのだ。

短い人生だと言われるし、やりたいことを全てやれるだけの十分な時間はないと言われる。無駄にはできない。だからこそ、アウトプットの要求レベルには敏感になって、「やり過ぎ」ない、「過剰品質」に陥らないように注意したい。

コストダウンには一生懸命になるのに、なぜ、過剰品質に目を瞑るのか、日本の現状が理解しにくいところはあるけど、適正レベルを正しく考慮しながらアウトプットの質をコントロールするのは重要である。もっとも、適切なアウトプットが満足にできるようになっての話ではあるけれど

よく読まれている記事

スポンサーリンク

編集後記

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄にご記入ください。も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です