なぜブログを書くのか?

読まれるか、読まれないか、書いている段階では全く予測できない、ブログ。

一見さんから「なぜブログを書いているのですか?」と訊かれたら、私は一体なんと答えるだろう?

スポンサーリンク


Evernoteの大整理をしていたら、R-styleの記事のクリップがありました。


以下、引用。

誰にも届かないのは寂しいですし、広く届いた方が嬉しいことは間違いありませんが、それはそれとして「届かないかもしれないな」「届いたら奇跡みたいなもんだな」というスタンスも、──少なくともブログというフィールドでは──「有り」ではないでしょうか。そして、そういうスタンスでしか書けないこと、使えないタッチというのがあるはずです。

でもって、その奇跡みたいな郵便配達が一度でも起きるなら、すべてに対しておつりがきます。それを私は希望と呼ぶことにします

読まれるために、ブログを書くのは誰しも同じだと思います。

しかし、アクセス解析を見れば自明なように、時間をかけて書いた記事であっても、どんなに自信があっても、必ず読まれるわけではありません。その逆に、大勢の人に読まれるをことを全く想定していなかった記事がバズってしまうことも、稀にあります。

なぜ書くのか?

こう自分自身に問いかけると、「書きたいから」とシンプルな答えしか出てこないのです。別に副業をしたいわけではありません。ライター稼業に憧れているわけでもありません。

ただ、「書きたい」、「発信したい」と思っているだけです。

そして、ふと目に止まった方に、何らかのポジティブな影響が生まれれば、それだけでいいと思っています。

アフィリエイト広告を貼り付けていますが、これらは収益のためではなく、ブログサーバー代の足しにするためです。特定のブログメディアでブログを書くのは、しがらみ的に面倒を感じますので、独自サーバーを立ててブログを発信しています。

(幸い、収支トントンで収まっています)

書くことのメリット?

では、メリットがどこにあるのかというと、常に考えて、メッセージを伝えようとする練習ができることです。これは仕事全般につながります。

特に、メールでコミュニケーションを取るときは、わかりやすく、誤解が生じないように文章を構成する必要があります。ブログを書いていると、面倒なメールでのコミュニケーションが非常に楽になります。

また、技術的にはネット関係のことに詳しくなれるし、タイピング速度も速くなります。テクニックとしても、非常に良い訓練にすることができるのです。

しかし、それらはあくまで副次的なメリットであって、ブログを書くことの最大の報酬は、もう一人の自分を作ることに他ありません。自分のメディア、私のことを深く知ってもらうならば、このブログの全記事を読んでくれればいい(そんな人いない、妻だって絶対全部を読むことはしないだろう。)。

でも、蓄積していく自分の一部がネット上に存在することは、とても素晴らしいことだと思うのです。

読者の方へ

このブログがどのような読まれ方をしているか、全く想像がつきません。

しょうもないブログかもしれませんし、考えすぎなブログかもしれません。

ですが、書いている方はそれなりに真剣に書いています。

両極端の考え方に囚われることなく、ちょうどいいところ探していく旅を、これからもずっと続けていきたいと思います。

お付き合いの程、よろしくお願いします。

よく読まれている記事

スポンサーリンク

編集後記

Evernoteのノート整理はとても面倒。なんどやっても、あまり好きになれません。

でも、こうしてブログを書く意味を考え直す機会を得ることができただけでも、十分にお釣りが来たかなと思います。

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄にご記入ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です