iPad Proでブログ執筆がはかどる

最近ブログをなるべく書くように方針を改めていますが、それと同時にブログを執筆する環境も大きく変わっています。

現在は、

  • iPad Proを使用
  • 親指シフトからローマ字入力に出戻り
  • Ulyssesをエディタとして活用

といった体制でブログを書いています。

スポンサーリンク

Macbook ProからiPad Proで

これまではMacbook Proでブログを書いていました。
iPhoneなどで隙間時間に書くよりも、落ち着いてMacで記事を書くほうが、作業できることは多いし、効率的で、何しろ没頭しやすかったからです。

書くことに没頭するには、それなりの画面の大きさが必要だと、個人的に思います。視界の大半が画面で占有されることで、他のことから離れ、書くことに集中できるのです。

環境の変化が訪れたのは、昨年iPad Proを電子ノートとして購入してから。
iPad Proを肌身離さず持ち歩くようになり、1日の大半をiPad Proとともに過ごすようになりました。

さらには、スマートキーボードもSIMも導入して、いつどこでも本格的にタイプして文章が打てるように環境を整えました。

試しにブログを書いてみたら、どんな場所でも没頭できるし、タイプも意外と快適。

少しずつiPad Proで文章を書く機会が増えていきました。

親指シフトがいいのだけど

MacBook Proで文章を書くときは親指シフトでタイプしていたのですが、仕事環境ではローマ字式タイプのみ。常に持ち歩くようになったiPad Proのスマートキーボードもローマ字式タイプのみ。親指シフト環境がどんどんなくなってしまいました。

慣れというのは恐ろしいもので、すっかり親指シフトでのタイプ速度が遅くなってしまいました。

そこで親指シフトを強化しようと、「かえうち」による外付けキーボードを検討しましたが、荷物になってしまいます。

  • 自由時間が豊富にあり
  • 作業スペースの確保が容易で
  • 多少荷物が増えても問題ない場合

に限定して、「かえうち環境」を持ち運んでいましたが、少しずつ面倒になりました。

以下の写真が、親指シフトをiPad Proで実現させるための環境です。コードがうじゃうじゃとしていて、キーボードを持ち運ばなくてはならず、iPad Proの機動性が損なわれ、台無しです。

一方で、20年以上ローマ字式タイプで入力してきたのでそれなりのタイプ速度はあります。最終的に利便性をとってiPad Proでは、ローマ字式タイプで妥協することにしました。

Ulyssesが使いやすい

少し前に課金型に移行したエディタ・ソフトのUlyssesを使って、ブログを書くことが増えています。この文章もUlyssesで書いています。

MacとiOS環境での同期が優れ、Markdown記法でサクサクと書ける、使い勝手の良いエディタです。

Ulyssesが優れているのは、単純に書くことに特化していること。
画面が見やすく、余計な表示がありません。スタイルなどの修飾はマークダウンでやればいいという割り切りがあるので、ツールバーはいたってシンプルでゴチャゴチャとしたボタンやメニューがありません。

使っていて、なんとなく感じる気持ちの良さ、心地の良さというのが、Ulyssesにはあって、そこが愛用している一番のポイントです。

Ulysses

無料
(2018.03.03時点)
posted with ポチレバ

Macよりもコピペが容易

ブログの中心は文章であることは間違いないですが、アイキャッチ画像やイメージ的な画像を途中に挟むことで読みやすくなります。

Appleの環境に慣れているので、写真はiCloudで管理しています。

写真をブログ記事に挿入しようとするとき、ドラッグ・アンド・ドロップで貼り付けるのですが、Macの写真アプリから一発で貼り付けることができません。いちいち貼り付ける写真をあらかじめデスクトップなどに書き出してから、ドラッグ・アンド・ドロップしなくてはならず、面倒です。

iPad Proであれば、Split Viewで横に写真アプリを開いて、写真を選択して直接ドラッグ・アンド・ドロップでUlyssesに貼り付けることができます。

同様にSplit Viewで横にブラウザを起動させてサイトのリンクを貼ったり、Copiedというクリップボード・アプリを使って、コピーした内容を管理しながらブログ原稿に貼り付ける作業効率が圧倒的に高いのです。さらに、Copiedでは定型文などのテンプレートを保存管理して簡単にコピペできるので、Google Adsenseのコードや編集後記などの定型文章をCopiedで管理しています(これらの作業は、Mac環境ではショートカット機能で入力していました)。

iPad Proで満足

この一言だけで終わってしまいそうですが、Macbook Proでブログを書くよりも、iPad Proで

  1. 場所を選ばず
  2. 操作が直感的で、手軽にできる
  3. できるだけシンプルに

ブログをなるべく頻度を上げて書くことの方に、自分の好みがシフトしています。

iPad Proで文章を書き始めるまで、こんなことになるとは想像していませんでした。が、この変化を楽しみたいと思います。

(Macbook Proの使用頻度がどんどん下がっていってしまうのが、頭痛の種です。もったいない。)

よく読まれている記事

スポンサーリンク

編集後記

親指シフトによるタイピングは好きで、気持ちいのですが、、、

iPad Pro でもっとシンプルに親指シフトができるようになるまで、お預けかなと思います。

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄にご記入ください。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください