iPad Proの画面保護シートの張替え

デジタル・ノートブックとして大活躍中のiPad Pro 12.9”ですが、最近Apple Pencileの滑りが良すぎるようになり、ノートの筆跡が写真のようにうっすらと跡が残るようになってしまいました。

使用している画面保護シートは、紙のような感覚で書き味が改善されるミヤビックスの保護シートを使用しています。

現在使用しているシートは、2017年の8月から使用していますが、ほぼ4ヶ月。

使用状態にもよるのでしょうが、結構早いタイミングでの張替えになります。

張り替えたら書き味は格段に向上

新品の力はすごいものです。

Apple Pencileの書き味が格段に向上しました。ペン先に適度な抵抗感を感じられ、とても書きやすい。

フィルムもある程度へたるということは、当然Apple Pencileのペン先も磨耗しているはずです。先端が丸みを帯びていますが、まだプラスチックの下の金属部品が露出するところまではきていません。こちらも細かい字が書きにくいな、と思った頃にはペン先を変える予定です。

毎日使う道具だからこそ

iPad Proは、毎日使うノートとして大活躍しています。

些細なことですが、書き味が悪いとノートを書く行為に気持ちが乗りません。

スラスラと、気持ち良くペンを走らせることができれば、不思議と能率が上がる感じがします。

2018年の仕事も、iPad Proの活躍でうまく進むことを期待しています。

よく読まれている記事

スポンサーリンク

編集後記

保護シートは安いものではありませんが、これ一つで書き味が格段に変わるので、必要不可欠なオプションです。「安物買いの銭失い」というか、「安物保護シートによるiPad Pro使用機会の減少」となる方がはるかに勿体無いです。

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄にご記入ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください