iPad Pro育成計画II :格安SIM導入 その1

iPad Pro 12.9”は、Cellular Modelを購入しました。

しかしながら、しばらくはSIMカードの購入をためらっていました。外出先でどれだけネットに接続するニーズが発生するのか皆目見当がつきませんでしたし、しばらくは日々の出費を抑えたい事情もあったからです。

スポンサーリンク

SIMを必要としない場合

外出先でiPad Proを「手書きノート」として使用する場合は、ネットに接続する必要はありません。

自宅にいるときにバックアップすれば十分であるし、Evernoteなどに保存する場合は自宅などでまとめて実行すればいいだけのことです。

戸外でネットに接続しなくてもなんとかなります。

簡単な書類を作成したり、編集したり、といった軽度な作業であれば、iPadの内部メモリに保存しておいて、テザリングで接続するなど、後でネットに接続してその後の作業をすればいいだけのこと。

特に不自由はありません。

SIMがあった方がいい場合

クラウドサービスを利用する場合は、基本的にSIMがあった方がいいでしょう。

こまめに最新の情報でクラウド上の情報が上書きされれば問題ありませんが、接続が不安定だと古い情報で上書きされるなどの同期エラーが起こり得ます。このような同期のミス頻発すると、安心して使えなくなります。

また、ネットに接続することを前提としているサービスを頻繁に利用するのであれば、SIMを入れて「いつでも・どこでも」ネットに接続できないと、気軽に使用できません。

テザリングで接続してから、、、などとやっていると、面倒臭く感じてしまって、やがてそのサービスを利用するのを辞めてしまいます。

少しでもメンドーだなと感じるのであれば、SIMによる常時接続を考慮したいものです。ネットに接続するまでのちょっとしたイライラは、確実にストレスと言えるもので、精神衛生上好ましくありません。

とはいえ、支払いという別のストレスに対する余力が要求されるのですけれども、、、

格安SIM!?

データ通信でSIMを検討するとき、悩んでしまいます。

一体、どれだけの量の通信容量(パケット)を必要とするのだろうか?と。

毎月、毎月、一定量の通信量を必要とする訳でもないだろうなと思います。

非常にネタにあふれていて、どんどんブログを書きたい時期もあれば、ネタ枯れでなかなか書くことを見つけられない、書くことができない時期もあります。

本業の仕事に追われて余裕のないときだってあるでしょうし、

それに、

  • 普段使いのケータイと同じ契約にまとめた方が得なのか
  • データ量が変動するなら、その変動に合わせて費用が科される従量制がいいのか?

などと、考えるべきことは多岐に渡ります。

現在、我が家の携帯事情は、夫婦に子ども1人の音声通信3回線でdocomoのファミリーシェアを利用しています。子どもは私立の中学に電車通学していて通学中にストリーミングで勉強しなさいよ、と渡しているのですが、、、案の定、遊びにしか使っていません。

携帯回線で動画を見ると、パケットを大量に消費するので、大きめのデータパックを契約しているのですが、月々の変動が大きすぎて困っています。

そこに、iPad Proを追加するにも、基本料金が高く、魅力に感じません。

1契約で、複数のSIMを発行できる、格安SIMを探そう、できれば従量制でリーズナブルな価格のもの。

私の選択の方向性が固まってきました。

よく読まれている記事

スポンサーリンク

編集後記

携帯やデータ通信のプランの説明は、分かりにくいですね。

仕事でExcelを駆使してデータ分析している自分でも、よく分からないですから、妻のようにそういうことに慣れていない人には、手に負えないでしょうね。

だったら、使った通信量分だけ支払う、パケットの繰り越しなんて余計なことは考えない方が、理解しやすいように思います。

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄にご記入ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です