iPad Pro 12.9” 育成計画 part I: スマートキーボードを導入

iPad Pro 12.9”を購入してからというもの、超高級なノートブックとして、縦横無尽の大活躍をしています。

手書きのノートは、Note Alwaysという優れたソフトに恵まれました。iPadの手書きメモ・ノートアプリケーションは、ペンと消しゴムの機能を使うたびに切り替えなくてはなりません。しかし、このNote Alwaysは、ちょっと消したいとき指先でさっとその場で消し、Apple Pencilで即座に書き直すことができるので、とても気軽にノートをとることができます。

Note Always

1,800円
(2017.11.25時点)
posted with ポチレバ
スポンサーリンク

文章を書くにはキーボードがあった方がいい

手書きのノートやメモは、iPad Proで定番とも言える組み合わせを作ることができましたが、ブログ原稿などかなりまとまった文章をインプットしたいときはどうしたものか?が次の課題となりました。

短い文章であれば、普段iPhoneでやっているように、フリック入力で何ら不都合はありません。しかし、まとまった分量の文章を書くのであれば、圧倒的にキーボードでタイプするほうが効率がいい。フリック入力でもそれなりの速度で打つことはできるけど、狭い画面の一部の範囲にだけに視点が集中してしまいがちになるので、全体的な構造を俯瞰して文章を構成するのは難しい。私の場合は、細部にこだわるような、流れが分断された文章になってしまいがちだ。

キーボードの場合は、ブラインドタッチでタイプできるので広い範囲で全体を眺めながら入力できる。そのため、より全体的な視野に立って文章を書くことがしやすくなる。となると、iPad Proでもキーボードがあった方がいいのだろうか?

iPad Proでタイプする? それともMacbook Proを持ち歩く?

ふと何となく、文章を書きたくなるときがあります。

更に高じて、

  • 思いついたこと
  • 考えたこと
  • 感じたこと

を、ブログに書いて、まとめておきたいという欲求に駆られることがあります。

書きたい衝動があるとき、さっとテキストを打つのが容易なキーボードがiPad Proにもあると便利だ。少しでも面倒に感じてしまうと、せっかくの「書こうという気持ち」が削がれてしまう。

でも、それはiPad Proを使い倒す上で、本当に必要なことなのだろうかと迷ってしまう。

別にMacbook Proを所有している。こちらをもっと十分に活用させたっていいはずだ。

二台持ち歩くことができれば、その方がいいだろう。でも、重たい。

ちょこっと気軽に書く文章にも関わらず、Macbook Proを使用するというのはとても大げさのように感じる。

スマートキーボードを買ってしまった

半ば衝動買い的に、iPad Pro 12.9”を購入してから2ヶ月後にスマートキーボードを買ってしまいました。荷物が多い時に、iPadとMacbook Proを二台持ち歩くのは現実的ではないことを思い知らされたからです。いや、本当に重い。

使ってみてわかったのは、このスマートキーボードはなかなかに優れているということ。

思い立ったらすぐ、パタパタとセットしたらすぐにタイプすることができる。文字を打つまでの抵抗感というか、面倒だなと感じることが全くない。キータッチが気に入らないのでは?と心配したが、むしろ心地がいい。キーを深く押し込む感覚はないが、タッチ音が小さいのに十分な打鍵感がある。

個人的には、好きなほうに属するいいキーボードだ。

しかし、スマートキーボードを取り付けることにより、これまで使用していたケースが使えなくなってしまった。

スマートキーボードをつけただけでは、今度は裏面のカバーがなくなってしまうので、持ち歩くにはちょっと心配。

同時にApple Pencilの収納にも困ってしまった。

ケースまで買い直す羽目に

買い直したケースがこちら。

このケースのいいところは、Apple Pencilをガッチリと固定しつつも、裏側の穴から押し出すことで取り出し易いところにあります。もちろん、スマートキーボードとの相性は抜群です。

iPad Proの裏面もしっかりカバーできるので、安心感も抜群です。

長い文章を書くのはまだまだだけど

ブログなどの長めの文章をスマートキーボードだけでタイプするのは少々しんどいと感じるけど、コアとなる短めの文章をとにかくタイプしておくには申し分ありません。

とにかく少しでもいいから、コアとなる文章をとにかく書く、それを可能にする環境をスマートキーボードが可能にしてくれそうです。

よく読まれている記事

スポンサーリンク

編集後記

ブログを書くという行為が、もっと身近なものになりそうで、ちょっと期待しています。まずは、日記を書く頻度を高めることから始めようと思います。

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄にご記入ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です