MVNO(格安SIM)にする?しない?

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on @nifty clip
Pocket

昨日の投稿では、娘に携帯電話を持たせることを決心しました。

次の問題は、携帯の契約をどうするか?

  • 選択肢が整理され始めた格安SIM
  • 安心?の既存キャリア

のどちらを選択するのが良いでしょうか?

スポンサーリンク

どのキャリア?

私は、よく山登りというか、トレッキングに行きます。元々は家族で始めましたが、最近は単独で行くことが増えています。

山などの電波の届きにくいところでは、NTT docomoの圧勝です。

絶景を前にして、SNSに投稿しようにも電波が繋がらないのは切ないです。

圏外のまま歩いていると、万が一への不安が頭をよぎります。

Softbankやauでは、どうしても繋がらない区間が存在します。

だから、必然とdocomo系に契約変更することにしました。

iPhone 7が欲しい!

私と妻は、iPhone 6S Plusを所有していて、SIMロックの解除ができます。

でも、娘用の携帯端末は新規に買わなければなりません。

どうせ新規に買うのであれば、なるべく負担の少ない形でIPhone7を手に入れたいもの。

ところで、iPhone 7は防水性があるので、山に持って行くときも安心です。

そこで、以下のようにすることにしました。

  1. 娘には自分が使っているiPhone 6S Plusを渡す
  2. 新規でiPhone 7を購入して、自分のものにする
  3. 妻も併せてできるだけ費用を安くする

次は、iPhone 7の調達をどうするかです。

Apple StoreでSIMフリーを買う?それとも

個人的に、中古でスマフォを買うのは好きでありません。ですから、新品で購入する場合で考えます。

新品で購入する場合、選択肢としてはApple StoreでSIMフリー版を購入するか、キャリアでSIMロック(120日後に解除可能)を購入するか、の二者択一になります。

Apple Storeで購入する場合は、ほぼ定価で。一方で、キャリアで購入するなら通信料とのセット割引があります。

目先の負担を軽減するなら、キャリアで購入するに限ります。

この割引がとても魅力的に感じてしまうのですね。数字上のトリックだとわかっていてもひっかります。

docomoで契約することのメリット?

MVNO、格安SIMのメリットは、価格の安さです。

docomoのメリットは、漠然としてですが、安心感と手厚いサポートです。

ショップに行くとよくわかるのですが、いわゆる「情弱」の人も、ネットに詳しくて自分で設定ができる人も、十把一括りにして対応しています。

だから、こちらとしては困ってしまいます。「こんな手間のかからない客は少ないのだから、もっと安くしてよ。」と言いたくなります。

それ以外のメリットとしては、

  1. NTT東日本の光ネットワークサービスを手数料・違約金なく、docomoへの支払いに一本化でき、割引を受けることができる。
  2. NTT系のWiFi網を自分で設定する必要がなく、簡単に利用できる。
  3. 2018年3月まではテザリングが無料

といったところでしょうか。

docomoで契約してしまったが、大丈夫?

うっかり、docomoショップに行ってしまったのが運の尽きかもしれません。

というか、割賦でiPhone 7を購入した方が楽だなどと思ってしまったからかもしれません。

ショップに行くと、あの手この手でお得感を強調してきます。

で、まあいいかと、docomoで契約しました。
その判断は正しかったのでしょうか?

格安SIMにすれば、家族3人で使用しても1万円を超えることはないようです。

一方でdocomoの場合は、シンプルプランにしても、2万円より少し安いぐらいにしかなりません。

この時点で、約1万円分の差異が毎月発生します。

ここで、自宅の光回線をdocomoにまとめることで、毎月約2000円の割引を受けることができます(契約内容により割引金額は異なります)。

さらにDポイントカード(ゴールド)を利用することで、10%のポイントバックがもらえます。しかし、会費で10,000円取られてしまいますので、最終的には、毎月1000円程度の還付が受けられることになります。

結局、差額は毎月七千円程度。おおよそ1年でiPhone 7の実質負担0と並んでしまいます。あとは、通話費用をどうみるかです。
ちなみに、月々980円のシンプルプランでは、家族間の通話は無料となっています。

(大雑把ですが)トータルコストで考えるた場合、本体を新規に購入するならキャリアで契約しても、格安で契約しても、それほどの大きな差にはならないと判断しました。色々なキャシュバックがあるからです。特に、新モデル前の契約数が動かない時は、上手に交渉することで大きなメリットが得られることが多いようです。

安心してガシガシ使うことを考えるのであれば、やっばりキャリアの方が良いと思います。(いや、そういって自分をごまかしているだけなのかも)

docomoなどキャリアの問題は高い販売管理費

津々浦々に、ショップを構えて、いわゆる「情弱」の人も平等に手厚いサポートをするとなると、過大なコストがかかってしまいます。
そういった対面の契約や相談には、それなりの費用を請求すべきなのでしょうが、現実的ではないです。
ですから、ネットでできる人には全てネットで対応してもらって、それなりに割り引いた価格でのサービスをしてくれないものかな、と思います。
(LCCに対する格安航空券のように)

今回、契約の変更手続きを側で見ていて大変な仕事だなという印象をもちました。

販売員の皆さんは、とても複雑な契約業務をしていますし、説明責任を問われないように慎重にかつ分かりやすく説明しています。でも、「情弱」だからか全く話を理解していない客が大半。
販売員の皆さんが可哀想に見えてきました。

私の契約変更と新規契約は、2時間もかかってしまいました。

全く、想像以上の複雑さと煩雑さでした。

そういった意味では、ネットで格安SIMを契約した方が、コストパフォーマンスが良かったと断言できるでしょう。

よく読まれている記事

スポンサーリンク

編集後記

何はともあれ、無事に契約が成立し、ドコモのネットワークに不満はありません。出張や外出先でもガシガシネットに接続し、娘もどんどん動画の勉強コンテンツを見て、使い倒そうと思います。

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄にご記入ください。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on @nifty clip
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です