Offを大切に

いつも気を張って、忙しくしていると、燃え尽きてしまったり、擦り切れてしまいます。

たとえば光ファイバー。

非常に高速、かつ高い信頼性のある通信ケープルです。

この光ファイバーの一本一本はガラスでできていて、ピンと張り詰めた状態だと簡単に折れてしまいます。

高性能ですが、脆さがあります。

スポンサーリンク

人も同じで、どんなに優れた人であっても、常にピンと張り詰めた状態にいると、あるとき、いとも簡単に折れてしまいます。

簡単に折れないようにするには

そうならないためには、余裕を持たせることです。

光ファイバーには二つのタイプがあって、

  1. 柔らかい樹脂でリボン状に固めて折れにくくする
  2. ジェルと一緒にゆるみを持たせてピンと張り詰めた状態にならないようにする

があります。

ちなみに、前者は日本で使われている方法、後者は海外で主に使われている方法です。

言い換えると、

  1. 毎日を充実させてハイパーに乗り切るのが前者
  2. ゆとりを大切にして決して無理をしないのが後者

私は、後者の考え方をとっています。

前兆を見逃さない

私の場合、あまりに忙しくなりすぎると、普段ではあり得ないことが起きてきます。

例えば、

  • やたらと攻撃的になったり
  • イライラしたり
  • 約束を忘れやすくなったり

という具合に、いくつかのポイントがあります。

その些細な変化を私は警報として受けとめてます。

そして、ヤバい状態になる前に、努めて余裕を作るようにしています。

  1. あらかじめスケジュールに余白を作り、何も予定を入れないようにしたり、
  2. 緊急でない依頼は通常よりも2倍ぐらい長い納期回答をします

忙しいので、と言い訳してでも。

自分のリミッター装置

そういう、自分なりのリミッターを発動させることができるか?

ストレスフルな現代を乗り切るには、今や必要不可欠のスキルとなっているように思います。

よく読まれている記事

スポンサーリンク

編集後記

いつもフル稼働など出来ない相談です。メリハリ。大切にしたいですね。

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄にご記入ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です