親指シフトGOへの挑戦(環境編)

ついに買ってしまいました。

pomera DM200 | KING JIM

発売当初のレビュー記事では、好意的なものよりもどちらかというと否定的な見解が多かったのですが、親指シフトでの専用機がどうしても欲しく、

  • いつでも
  • どこでも
  • 気の向くままに
  • 親指シフトタイピング

を実現したかったのです。

スポンサーリンク

付属のキートップシールを貼れば、親指シフト専用機に!

pomeraは、初代機からずっと親指シフトによるタイピングをサポートしています。

最新機種のDM200にも、親指シフト配列のキートップシールが無料で付属しています。

購入してまず最初にしたことは、一枚一枚丁寧にキー一つ一つに貼り付けることでした。

慈しむようにシールを貼れば、ご覧のように親指シフト専用機としての環境が整います。

手間をかけて自分だけの専用機を作ったような錯覚がします。

とても可愛い相棒のように思えてきました。

打鍵感はどうだ?

環境を整えて、デフォルトの親指シフト設定で様子を見ながら、「さあタイプするぞ!」と意気込んだのですが、思ったよりもちょっと心地が良くありません。

なぜ、打鍵感があまり良くないのかと思ったら、理由は3つありました。

  1. キーピッチがやや狭い
  2. スペースキーが長めで、左右の親指キーがFキーとJキーの外側になる
  3. 左親指キーの単独打鍵が「無変換キー」でしか機能できない

というものでした。

1番目の点は割り切って購入しました。

なるべく小型・軽量に抑えるためには、サイズ面での妥協が必要だからです。

でも、思った以上に本体の剛性は十分にあって、安心感があります。

適度な重量感も、通勤型車両で膝の上に乗せてタイプする時にちょうど良い感じでした。

しかし、残る二つは厄介な問題です。

親指シフトキーの位置

親指シフトによる入力の快適さを左右するのは、両手の親指の位置です。

つまりは、親指キーの位置です。

親指と人差し指との相対的な位置関係に違和感があると、意識してホームポジションに手を置かなくてはならなくなります。

「親指シフト」では「同時打鍵」することが多く、親指と別の指の位置関係に窮屈さがあると、相対的な位置関係がずれでしまうことが頻発し、意図せざるタイプミスが増えてしまいます。

pomera DM200では、左から

  • 無変換キー
  • スペースキー
  • 変換キー

と並んでいる三つのキーから

  • 左親指キー
  • 右親指キー

を選択するようになっています。

例えば、右の親指キーを「変換キー」に割り当てると、左の親指キーは「スペースキー」か「無変換キー」のいずれかを選択することになります。そうすると、

  1. 変換キーの位置は、右人差し指のホームポジションである「J」キーよりも右側>>>右の親指は右の人差し指よりも少し内側になる。
  2. 左の親指キーを「スペースキー」に割り当てた場合>>>左親指は左人差し指に対して少しだけ右側(自然に少し外側の位置)にできる
  3. 左親指キーを「無変換キー」に割り当てた場合>>>左親指の位置も左人差し指の内側になる

のようになり、両方の親指をストレスのない自然な場所に置いてタイプすることができないのです。

ここが、ちょっと辛いです。

左親指キーの単独打鍵の機能問題

私個人の最適なキー割り当ては、

  • 左親指キーの単独打鍵 「Enter key」
  • 右親指キーの単独打鍵 「Space key」

として動作する設定にすることです。そうすることによって、ホームポジョンからほとんど手を動かすことなく、

  • 変換
  • 確定
  • Back Space (消去)

の操作をすることができるようになります。これが超絶に便利なのです。

一度この配列に慣れてしまうと、もう元には戻れません。

しかし、pomera DM200では、私の理想とするキー体系にすることができません。

pomeraには、簡易的なキー割付機能「キー設定」という機能がありますが、親指シフト設定にすると、「キー設定」で入れ替えた設定の上からキーの機能を置き換えしまうのです。

具体的に説明すると、右から順に

  1. 変換キー >> 変換キー(そのまま)
  2. スペースキー >>  無変換キー
  3. 無変換キー >> Enter Key

とキー割付した上で、

  1. 変換キー >> 変換キー (そのまま) >>> 右親指キー
  2. スペースキー >>  無変換キー >>> 左親指キー
  3. 無変換キー >> Enter Key >>> Enter Key (そのまま)

とすることを考えました。

しかし、そもそもスペーキーは、「キー設定」にはありません。

そこで、両方の親指は窮屈なポジションになってしまうことを受け入れた上で、

  1. 変換キー >> 変換キー (そのまま) >>> 右親指キー
  2. スペースキー >> スペースキー (そのまま) >>> 左親指キー
  3. 無変換キー >> Enter Key >>> Enter Key (そのまま)

と設定してみました。

すると今度は、スペースキーに割り当てている機能が、そっくりそのまま左親指キーとして動作し、単独で打つと「無変換キー」になってしまうため、「スペースキーが消滅してしまう!?」現象が起きてしまったのです。

さすがにスペースなしに文章を打つことはできません。

とても残念でした。

変換>>確定をスムーズにできない?

最新機種のDM200は、辞書機能が強化されたので誤変換が少なくなったのがウリです。旧機種のユーザーではないので、その恩恵を感じにくいのですが、少なくとも誤変換による余計なストレスは皆無です。

しかし、ホームポジョンでの両親指の位置関係が窮屈であり、しかも変換を確定するのにEnter Keyを打鍵する必要がある場合は、とっても面倒に感じました。

タイプして変換して、「確定」の操作をするためには、右小指でEnter Keyを打鍵します。その時に少しだけ右手は右側にスライドさせないと、Enter Keyに届きません。

頻繁に、右手を右にスライドしてEnter Keyを打鍵していると、右手のホームポジションがずれやすく、タイプミスが発生することが多かったからです。

Macでのライブ変換はとても便利で重宝していますが、それに慣れてしまうとATOKやMS IMEでの変換がとても面倒に感じます。さらに上述したEnter Keyの打鍵問題があるので、なるべく「確定」の操作を行わないようにしたくなります。

句読点設定

句読点変換を利用することで、上述の問題を回避するようにしています。

「メニュー>>書式>>句読点設定」で、句読点変換を設定することができます。句読点変換とは、

  1. 「、」や「。」の句読点を打つと自動的に変換され、
  2. そのままタイプを続けると自動的に確定される

というものです。これにより、わざわざ日本語変換を確定するキー操作の煩わしさから解放されます。

基本的な環境は整った

使い始めは、設定面で色々な試行錯誤をしました。その結果、

  1. 親指シフト設置は
    • 変換キー >> 親指右
    • 無変換キー >> 親指左
  2. キー設定では
    • カタカナひらがな >> 半角/全角
  3. 句読点変換では
    • 句点(。) ON
    • 読点(、) ON
    • 疑問符(?)ON
    • 感嘆符(!)ON

といった設定しにして、「親指シフトGO」の体制を構築しました。

さあ、これからいろんな環境で、親指シフトです。

親指シフトGO!

よく読まれている記事

スポンサーリンク

編集後記

心に浮かんだことを、すくい取るようにストレスなくタイプしたい。そのための第一歩を踏み出しました。

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄にご記入ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です