私の理想はPortable iMac

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on @nifty clip
Pocket

よくよく、「ノートパソコンにするか、タブレットタイプにするか」という議論を目にしますが、外出先、出張先、あるいは自宅で、「使用する場所からの制約から離れたい」という問題が、私の場合は中心を占めています。

「いつも、決まった場所で使用する」という、場所の制約を乗り越えることが可能なのであれば、デスクトップPCを使用するのが何よりも快適であることは論を俟たないでしょう。画面は広くきれいですし、処理速度も速く、複数のことを同時並行的に進めることができます。さらに、お気に入りのキーボードを接続することもできますから、自分の生産性を最大化するカスタマイズも容易です。

スポンサーリンク

ノートパソコンを選ぶのも難しい

これをノートパソコンにすることで、「場所からの制約」から解放されます。

しかし、画面は小さくなりますし、キーボードと画面の距離感が固定化されるため、デスクトップの時の開放感はなくなります。さらに、文章をタイプする作業が多い場合は、キーボードとの相性が作業性を大きく左右します。

トラックパッドなどのポインティングデバイスのように、人によって好みが分かれるものもありますし、その感度自体も機種別に若干異なるので、そういったところもノートパソコンを選定する上で考慮する必要があります。

さらに、最近はPCメーカーの寡占化が進行し、かつてのような青天井のように思えた豊富な選択肢はすっかり過去のもので、どこかで妥協しないと相棒としてのノートパソコンを選択できなくなった気がしてなりません。

タブレットは帯に短し、、、

元々キーボードがないタブレット(もちろんあるものもありますけど)は、BT(ブルートゥース)接続のキーボードを選択することで、画面との距離を含めて、自由度を高めることは可能です。愛するPFUもBT接続のキーボードを出してくれました。

しかし、専用アプリを駆使したとしても、タブレットでできることには限界があります。
ブログ記事のテキストを書くためというような、目的を特化することで使えることは使えますが、「ちょっとこれやりたいなぁ」ということが生じたとき、タブレットでやるには限界を感じることが多いのも事実です。

デジタル一眼の単焦点レンズのようにはいかないのです。

タブレットを高級な単機能デバイスとして使用するにはもったいなく、コスト負担も大きく、重量負担も増し、拡張性も限られ、経済的なメリットはほとんどありません。

iPadではなく、iMacのポータブルが欲しい

160106 ipad os7

Windows機には、キーボードのないタブレットタイプのPCがあります。これのMacが欲しいのです。ま、Windowsでもいいのですけど、できればMac OSが動く画面が大きくきれいなタブレットが欲しいのです。

これに、

  • 自分の愛用するキーボードを接続し、
  • マウス、トラックバッドとか、自分好みのポインティングデバイスを接続し、

  • 画面との距離感を自分好みの状態にして

「場所の制約から離れて」Macを使うことができたら、、、

というのが、理想です。

その場合は、「膝の上に置いて使用することができない」といった問題も生じると思いますが、そのような机やテーブルのないところで使うつもりはありません。そういう場面では、スマホを使えばいいからです。iPhoneを使えばいいのです。

ノートパソコン?

そもそも、現在も使用されているノートパソコンのデザインはとっても古いものです。これが、コンピューターと人の理想の関係を築くことのできるデザインなのでしょうか?

だいたい、お粗末なキーボードに妥協しなくてはならない必然性というのはあるのでしょうか。

入力方法は、フリック入力にしても、タッチタイピングにしても、キーボード入力にしても、人それぞれが好みの方法で入力できればいいことです。しかし、それをお粗末なハードウェアで限定されてしまうのはとてもげんなりします。

かつて作家が、原稿用紙とペンにこだわったように、「キーボード」にこだわりたいのです。そして、タイプ入力方法も

  • ローマ字入力
  • かな入力

  • 親指シフト入力など

それぞれ好みの入力方法が選択できるのが好ましいのです。多様性を許容するのであれば、基本となるハードウェアはシンプルに、カスタマイズは周辺機器で各自に行うのが理想なのではないでしょうか?

そのように考えると、従来然としたノートパソコンはコンセプトを変えるべき時期に来ているのではないでしょうか?

よく読まれている記事

スポンサーリンク

編集後記

iPadではなく、見た目が同じようなハードでMac OSが動作してくれれば、即、買いなのに。いつまで待たせるのでしょうか。ノートパソコンというデザインは、もう役目を終えて、次の多様性を満たすデザインに進化していってほしいものだと思います。

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄にご記入ください。

スポンサーリンク
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on @nifty clip
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です