心を動かすブログが理想

感じたことや、経験・体験したこと、考えたこと、心掛けていることなどをブログに書き綴っているだけですが、理想のブログ像があります。

それをそのまま表現している文章を読んだので、喜びのあまり勢いでタイプ始めました。

スポンサーリンク

情報そのものだけか?

旧来のメディアからネットメディアまで、情報収集する手段はさまざまあります。そんな中で、(いまいち情報の信頼度に乏しい?)ブログ記事を書いたり読んだりするのはなぜなのでしょうか?

ブログ記事を純然たる情報として扱うことは、「あまりない」と思います。少しわかりにくいので、例を示すとすると

  • 「そうね、そういう考え方もあるね」と少し客観的な態度・姿勢をとったり
  • 「そういう経験したことないけど、わかるなぁ」というような共感だったり
  • 「オッ!そういうやり方・考え方・テクニックがあったんだ!」と自分への応用を考えたり

といった、自分とは違うという安全地帯にいながら、共感や応用といった、自分への広がりを感じる・楽しむために読んでいます。

そして、「情報」として読んでいることは意外と少ないのです。

というのも、ブログ記事での「おトク情報」的なものは、ステマではないかと思ったり、アフィリエイト稼ぎのための「つり」の記事ではないかというように、多少なりとも疑心暗鬼があるからです。

そのような疑いの目でブログを読むと、面白くもなんともありません。

「情報」だけが欲しいのではなく、共感したい、自分に応用してみたいというものでなければ、読み続けようという気が起きないのです。

(はたして自分のブログが、そのレベルに到達しているか?と自問自答すると、全然まだまだです。)

ブログ記事の理想像

2007年に鬼籍に入られた「河合隼雄」先生の幸福論の中から、ブログ記事の理想像を的確に書かれた文書を見つけました。

井上さんの話から、私の心の中に「動き」が誘発されるのである。その上、聞いていてなんとなく心が楽しくなってくる。楽しさが伝わってくる。事実が伝わってくるのではない。

聴衆の皆さんは一人ひとりが異なる受けとめ方をしつつ、自分なりの「心の揺れ」を体験し、「よし、やるぞ」などと感じられたのではなかろうか。ひとつの話がそのままではなく、多様な結果を生み出すところに、その素晴らしさがある。

特に最後の一文が示すように、ブログ記事の一つが、単にそのままの情報として受けとめられるのではなく、「心の動き」を誘発して、「行動」へと誘うような、多様な作用をもたらすことが、理想です。

別に世の中を変えたいほどではない

ブログを書いているからといって、何か情報を示して優位に立ちたいとか、上から目線で語りたいから書いているわけではありません。

そんな、名誉欲みたいなものでは、ブログを書き続けることなどできないと、個人的に思います。

たった一人の人間の経験や思考をブログに書いたところで、大多数の人に当てはまるような情報など存在しないでしょう。

でも、

  • こんな考え方もあるんだ
  • こんな経験もあるんだ
  • こんな人もいるんだ

のように、「参考にならないかと思ったけど、案外別の視点から考えると、自分にも応用できるかも。」と感じてもらえたら嬉しいですね。

ブログを書くことによって、自分の中の当たり前と思っていたことをそのまま埋もれさせることなく、自分が想定していなかった多様な人に読まれることで、多様な作用がもたらされることがあるのです。

ブログを書くことを通じてそうしたことを学び、「ああ、ブログに書くことは、案外ムダなことではないんだ。ネットの上の落書きではないんだ。」と確信を持てるようになりました。

私という一人の人間が、ここに存在しているという、ベースキャンプの一つが、私にとっての「Decent Point」というブログサイトなのです。

独りよがりを排して

ひょっとしたら、今日が新しいタイプのブログ記事を書き始めるひとつのきっかけになるかもしれません。

世の中というのは、多面的なものであるわけで、これが正解というものはないものだと、常々思っています。

「こうに決まっている!」と頑なな態度をとることは、完全な老化現状です。そうではなく、「独善」を排して、多面的な見方、考え方が想起され、「心の動き」を誘発できるような話題を、ブログ記事として書き続けることができたら、と思います。

あらためまして、今後ともよろしくお願いいたします。

よく読まれている記事

スポンサーリンク

編集後記

新幹線の車中で、関ヶ原の雪景色を横目で見て、書いています。真冬に戻ったかのような、景色が広がっています。早く春にならないかなぁ。

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄にご記入ください。

  1. 出張の荷物に関する記事からブログへたどりつきました。

    世の中というのは、多面的なものであるという考え方、ほかの記事で自分の考え方を煮詰めていこうとしている様子、なんだか考え方は違えど自分と似ている部分があるように感じました。

    とても興味を持ちましたのでRSS購読させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です