仕事のスピードとはすなわち目的の把握である

優先度の高い仕事を選び出し、集中して取り組むことでスピードアップする癖をつける。それが成長の第一歩となることを理解してください。

部屋の片付の最中に、ライフネット生命保険の出口社長の言葉に遭遇しました。

仕事は人生の三割だが

出口さんは、

仕事は人生の三割しかない。「どうでもいいこと」
悩む必要などない。

と、職場でのつまらない人間関係で悩む必要などないよ、とエールを送ってくれるのですが、経済的にも、日常生活の場をどこに置くかにおいても、「仕事」というのは大きな制約を突きつけてきます。

誰もが、ノマド的にどこでも気ままに仕事をすることが出来るわけではないので、自然と「仕事」への依存を高めてしまいます。そこで楽しくないと、プライベートにも大きな影響を及ぼしてしまうわけです。

仕事をはやくしたい理由?

仕事のスピードを上げたい理由は、人それぞれでしょう。

はやくできるようになれば、それだけ評価も高まるでしょうし、こなせる仕事の量が増えたり、残業時間を少なくすることが出来たり、仕事が充実してプライベートにもいい影響が期待できそうです。

でも、やっつけ仕事的に、ただ「速い」だけでは、良くないでしょう。そこには、「質」も伴わなければなりません。でも、何が質を決めるのでしょうか?

質とは成果

仕事の質とは、成果に他なりません。結果ではなく、成果。

営業ならば、利益につながる結果です。単に短期的な売上利益だけでなく、お客様との長期的な人間関係・信頼関係の構築も含まれます。よく言う、「生涯顧客」の獲得も大きな成果です。

それに対して、結果とは、何かの行動に対するフィードバックです。行動が速ければ、それに対するフィードバックも速くなります。結果の量を増やすなら、単に行動の量を増やせばいい。でも、それが成果につながるかは、行動の質の問題である、ということですね。

それでは、「質」はどこに着目して、追求すれば良いのでしょうか?

1173051 49302069

質を上げるには目的を把握することから

仕事の成果を出すためには、まず第一に仕事の目的を考えること

と、出口さんは説きます。仕事の目的を明確に指示することは、上司の仕事でもあります。

仕事の目的を考えるということは、すなわち、「上げるべき成果は何か?」を常に考えながら仕事をするということです。
成果を上げることに、努力すべきなのです。どうしたら、求められている成果を最短で上げることができるかを考えるのです。
工夫するのです。
自分の頭で考えて。

もし目的が不明確だったら、それは、上司が悪いのですから、即座に確認するようにしましょう。分からないまま放置してしまったら、それはあなたの責任になります。後で上司を批判してもダメです。

そうしたら、精神論ではないのですが、

「元気に明るく楽しく」で仕事の質を上げる

というように、振る舞いと気持ちを明るい方向に、楽しい方向に仕向けていくことで、良い循環が生まれます。

馬鹿馬鹿しく感じるかもしれませんが、世の中ダイタイそんなもんです。陰気にしていたら、楽しくないし、面白くなんてないし、そんな人には仕事が回ってきません。すねていては、ひねくれていてはダメなんです。

完璧ではない、人間の社会なのですから、面白そう、楽しそうな方向にしか、回ろうとしないのです。

集中する

目的が明確になっていれば、複数のやるべきことがあっても「選択」に困りません。

今何をすべきか、という問いには、どの目的を達成するのが一番良いのか、望ましいのかを考えれば良いのですから。それが、その瞬間の優先度、ということになります。

優先度の高い仕事を選び出し、集中して取り組むことでスピードアップする癖をつける。それが成長の第一歩となることを理解してください。

と、出口さんはまとめています。

集中するためには、選択が必要です。

目的はスタートライン

正しい選択、納得感のある選択をするには、「いまどのような成果が求められているのか?」を客観的に理解している必要があります。そのために、目的を十分に把握しておく必要があるのです。

私たちは、機械やロボットではなく、人間なのですから、「考えて納得する」ということが必要です。

そのための前提条件が、目的を正しくつかむことです。

24時間以内によく読まれている記事

スポンサーリンク

編集後記

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄にご記入ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください