飛行機に乗り遅れたら?

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on @nifty clip
Pocket

あらゆる乗り物の中でも、飛行機ほど時間や安全に厳しいものはないでしょう。

先週は会社のアジア会議で北海道に飛びましたが、お恥ずかしいことに羽田から千歳へ向かう予約した飛行機に間に合いませんでした。

便変更の手数料を払えば、乗ることができるのでしょうか?それともチケットは無効になってしまって、新規にチケットを通常料金で買わないといけないのでしょうか?

出張ですから、本来は会社持ちのハズですが、自分の単純なミスによる乗り遅れなのですから、会社が追加料金を払ってくれる可能性は限りなくゼロです。困りました。弱りました。

スポンサーリンク

とりあえず全速で羽田に向かった

ほぼ間に合いそうにないのは分かっていましたが、とにかく全力で羽田に向かうことにしました。遅延している可能性がないとも限りません。電車を検索したら、出発時刻の11分前に着くことが分かりました。

チケットには、出発時刻の15分前には保安検査場を通過するようにと但し書きがあります。それでも定刻前であれば何とかなるかもしれない、と超ポジティブシンキングで自分をごまかしながら、とにかく走りました。で、保安検査場に着いたのは、定刻の6分前。いけるかもと思いましたが、保安検査場でバーコードをかざすと、エラーの表示です。ガックリきました。「お手持ちの搭乗券では、保安検査場を通過することができません」との表示が冷たく光っていました。

呆然とする私に、係員が事務的に言い放ちます。「この便は網搭乗手続きが終わっていますので、あちらのANAの窓口にご相談ください。」と。

不安なひととき

飛行機に乗ることができなかったのは、自分のミスとは言え、とてもつらいものがあります。とんでもなく悪いことをした人で、飛行機に乗ることを断られている人のように見えます。

すがるような思いで、ANAの窓口に相談しました。ありがたいことに、とても感じの良い女性が丁寧に対応してくださいました。それから待つこと数分。この数分がとても長い時間のように感じられました。

うれしい知らせ

しばらくして、対応してくれた女性が早足で戻ってきました。不安なこちらをホッとさせるかのようなさわやかな笑みをたたえながら。

「お客様。次の便に空席がございましたので、そちらにお席を変更いたしました。」

あっけにとられた私は、思わず「追加料金は必要ないのですか?」と間が抜けたような質問しかできませんでした。

「いいえ、必要ございません。」ときっばりいわれてと手も安心しました。で、搭乗券にはこうありました。

IMG 3514

イレギュラー振替?

次の便に空席があったからできたことかもしれませんし、ANAカード会員だったことも作用したかもしれません。ともかくも、とても寛大なサービスだと感じたものです。心からありがとうと叫びたかったくらいです。

サービスの本質とは?

顧客が求めているのは、目的地に安全かつ快適に行くことです。私に過失があったのは事実ですが、そのことを責めることなく、寛大にサービスを提供してくれたことに心から感謝しています。そして、このようなサービスをいただいたことで、ますますANAのファンになってしまいました。あの女性の対応で、私はANA以外は考えにくくなってしまいました。これはすごいことです。影響力がさほどではない、ブログに投稿して、これを読んでいいな、という評判が少しでも広がるかもしれません。恐ろしいことですね。

ちょっとした些細なことで、評判とか好き嫌いというのは形成されてしまうものです。打算でやられると何だかなぁーと思いますが、紳士に一人間として対応いただくと、心からほろりとやられてしまいます。

私も日々真剣にお客様と対面していますが、もっと心して、一期一会の覚悟でしっかりやりたいものだなと、安心しながらも考えさせられたハプニングでした。

よく読まれている記事

スポンサーリンク


[zenback]

編集後記

滞在中の木曜日に気温が30℃を超えましたが、湿度が低いのでそれほど暑さを感じませんでした。新緑が目に鮮やかで、食べ物もとてもおいしく、元気をいただいて帰ってきました。

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄にご記入ください。

スポンサーリンク
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on @nifty clip
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です