挑戦するためにも、デザインを一新

 

このところプライベートでいろいろとありまして、ブログを更新できずにいたら、Google Readerも終わり、ブログのあり方の見直しを考えていました。

よりフラットなデザインへ

iOS7のフラットなデザインに触発されたわけでもなく、会社で作成している書類のデザインがまさにフラットなデザインへと移行していく中で、会社のホームページも、技術資料も、メールマガジンも、できる限りフラットで統一された、シンプルでわかりやすいデザインへと進化させようと模索しています。

これらは、まずコンテンツありき、の議論を乗り越えた時にはじめて有効になるのですが、難しいこと、込み入った内容を、誤解なく、シンプルに伝えること、このポイントをもっと追い求めていきたいと面います。

スポンサーリンク

とりわけリスク回避思考に囚われやすい日本では、できる限りの情報をスペースに詰め込んで、情報量の豊富さで説得させようというきらいがありました。たしかに、それはそれで技術的には役に立つものかも知れませんが、判断する、という一点において、込み入った情報はかえってノイズが大きくなってしまいます。そうではなく、シンプルさの本質を追究していくことこそ、(大変ですし、恐怖と戦わなくてはなりませんが)これからの複雑化していく世界で、迷いを持つことなく判断できるようにするためには、必要なことなのではないかと考えています。

当ブログもなるべくフラットなデザインへ

公私混同して生きている私ですので、ブログのデザインもフラットなものへと移行したいという思いが強くありました。

ごちゃごちゃしたサイトは、最近きらいになりました。Yahooを見る時も、パソコンの画面ではなく、iOSのモバイルサイトで見たほうが、遙かに気持ちよく情報に接することができます。ですから、自分のホームページも、シンプルで、エレガントなものにしたいと思っていたのです。

きっかけは、個人的な事故体験がトリガーに

2週間ほど前の6月22日に、通勤途上に自転車同士の接触事故に遭ってしまったのです。

幸いにも、擦り傷程度の軽傷で済んだのですが、心理的なダメージが大きかったです。ヘルメットをかぶっていなければ、今こうしてブログを書くことすらままならなかったもしれません。とても衝撃の大きかった事故でした。

事故のことは、稿を改めてブログに書こうと思っていますが、青天の霹靂という言葉があるように、事故というのは自分が意識していない方向から突然やってくるものです。もちろん、きっと、自分側にも非はあるでしょう。もしなかったとしても、不運にも遭遇してしまうこともあります。つくづく、人生というのは、自分が想像するような長期的な展望を描くことを許さないこともあるのだな、と気付かされたのです。

今回無傷に近い状態ですんだという幸運は、まだ自分にはじぶんの人生でやることがあって、「生かしてもらっている」のかもしれないということであり、もっと挑戦して悔いのないようにしなければ、と思いを新たにしたのです。

思いを新たにブログの見た目を変えてしまう

ブログそのものの文章に影響を与えることなく、WordPressでは「テーマ」を変えることにより、ブログの見た目を変えることができます。フォントの設定もできます。今回は、Helvetica系のフォントを採用しました。じつは、この、Helveticaというフォントは、20年前の大学生の頃、スライドを作成する時の標準フォントとして、多いに利用していたものでした。とても判別しやすく、細字のタイプにするととても洗練されて見えます。日本語も、すっきりと表示されて見えます。

そして、せっかくテーマを変えたのだから、どんどんブログを書いていこう、と思っています。

その背景には、事故を期に覚醒してしまったものがあるからです。ボーッといろいろと考える時間が増えています。そうした、考えていることをブログにまとめていきたいですし、ブログに書くことで、さらに深く突っ込んで考えていきたいと思っているからです。

[zenback]

編集後記

ブログのデザインについては、自分で作るなんてことはしていませんので、なぜこういうデザイン?てきかれたら、ま、なんとなく、になってしまいます。フォントを変えたり、字の大きさを変えたりというのも、CSSのスタイルテンプレートで「これかな」というところと適当にいじって変えているので、説明もできません。申し訳ありません。

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄に記入してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です