忙しい時ほど立ち止まる勇気を

年の瀬です。

師走です。

何かと忙しさを感じる毎日です。

スポンサーリンク

流されてはいけない

このところ、仕事で思うような、満足のいく、成果をあげることができていないように感じます。もちろん、やるべきことをしてはいるのですが、手応えが少ないのです。

つまりは、仕事に追われていたり、時間に追いかけられていて、自発的に行動できていない、操られているかのような印象を持つから、そのように感じるのかもしれません。

あるいは、目に見える成果を感じることが困難で、単に義務を全うしているだけのように感じる、責任を取り敢えず果たしているだけに近いだけだからなのかもしれません。

達成感を感じ、やる気を維持するには?

思うに、他人から達成感とか、やり甲斐とか、面白さをもらうものではありません。充実感とか、達成感とかは、自分が決めることです。

であるならば、自分で明確に目的やゴールを定めなくてはならないということなのです。自分で決めないことには、誰からも決められないことなのです。人生や仕事というのは、ドリルのような与えられる課題ではないでしょう。主体性が問われるのです。自分の人生を左右するのは、自分自身でしかないのですから。

目標やゴールを設定するには考えることが必要

忙しいからといって、考えることもせず、ひたすらに流されてばかりでいると、自分を見失います。

どこに行けば良いのかわからず、途方にくれ、無駄にさまようことで体力も精神力も失います。

考えること。

目的地を決め、最適な手段を考え、行動し、結果を分析し、次の機会に生かすこと。

忙しさに流されず、考える時間を確保してみましょう。

[zenback]

編集後記

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄に記入してください。もし、気に入って頂けましたら、RSS登録してください。よろしくお願いいたします。

Posted from するぷろ for iPhone.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください