ToodledoにLogを残せる最強のブックマークレット

作業記録なり、行動記録なり、何時何分から着手して、何時何分に終わったのか、という情報は、色々な意味を含んでいます。でも、それを記録するのは簡単なことではありませんでした。でも、このブックマークレットがあれば、少し簡単になりそうです。

あなたのToodledoタスクがライフログになる「TaskLog」ブックマークレット作りました。 | Toodledo Tips Blog
「ToDoやタスクの処理ログを、時系列で見やすく残せたら…」 そんな思いを形にするツールをToodledoユーザーのために作ってみました。 クリックするだけでタスクの開始・終了時刻を実績(ログ)として保存する、Toodledo専用のブックマークレットです。 …

クラウド型タスクシュート式タスク管理の最強モデル

クラウド・サービスを使用することの最大のメリットは、インターネットに接続できる環境であれば、いつでも、どこでも必要な情報にアクセスすることが出来て、同時に記録を残すことが出来るというところにあります。さらに、記録のバックアップを図ることも比較的簡単であるというおまけもあります。

クラウドベースのタスク管理サービス、Toodoledoを活用して、クラウド環境でタスク管理する方法を懇切丁寧に解説された、上記の本はとても参考になりますが、タスクシュート方式のように、一つ一つのタスクに投入された時間、時刻の記録をタスク管理システム内に保存することは基本的に出来ず、Toggleなどの別の時間計測サービスを併用しなくてはなりませんでした。

しかし、その状況が変わりました。最強のタスク管理のモバイルサービスに、ブックマークレットを駆使して、タスクの開始時刻と終了時刻を記録することが出来るようになりました。これまで分断された、タスク管理(タスクに取り掛かる前の準備)と実行環境と記録(開始時刻と終了時刻の記録)が統合されたのです。これは画期的な進化と言えます。

「TaskLog」ブックマークレットを実行する前に準備すべきこと

すでにToodledoを使用されている、もしくは、使ったことがあるのであれば、ブックマークレット作者による説明記事を読めば、何をすればよいのかすぐに分かると思います。まだ使ったことがない場合は、まず、「クラウド時代のタスク管理の技術」を購入して、Toodledoの部分を読んで、同じ内容の設定をしてください。

続いて、Toodledoのタスク表示画面で、以下の項目を表示すれば、準備OKです。

「TaskLog」を動作させるためにはあらかじめToodledoで以下の項目を表示しておく必要があります。(項目を表示していない場合、正常に動作しません。)

  • Start Date(開始日)
  • Start Time(開始時刻)
  • Due Date(終了日・期日)
  • Due Time(終了時刻・締切時刻)
  • Repeat(繰り返し)※不要な場合は無しでOK
  • Timer(タイマー)

緑で○つけた部分にあるボタンを押すと、

上記の画面になりますので、ここから上記の項目にチェックを入れればOKです。なお、列の幅を変更する場合は、先ほどの緑色の丸で囲んだすぐ右隣にあるアイコンをクリックすれば、調節が出来るようになります。

驚くほど簡単に記録ができる

準備が出来たら、タスクリストに表示される順番をコンテキストや優先順位、スターを使うことで並べ替えていきます。そして、これから着手するタスクを一番上の行に表示されるようにしてください。

そうしたら、あとは、ブックマークレットを実行するだけ。一番上の行のStart Timeに現時刻が記録され、タイマーがスタートします。

タスクが完了したら、また同じブックマークレットを実行するだけ。今度は、現時刻がDue Timeに記録されて、タイマーがストップします。たった、2回のブックマークレットの実行をするだけで、開始時刻、終了時刻、タスク処理に要した時間を記録することが出来るのです。とっても手軽に実行できます。

タスクの登録も簡単に

タスクの登録を即座にしたいときにも有効なツールがあります。iPhoneアプリに便利なのがあるのです。

Quick Post Lite For Toodledo App
カテゴリ: ビジネス
価格: 無料

Quick Post For Toodledo App
カテゴリ: ビジネス
価格: ¥85

このアプリを使えば、すばやくToodledoにタスクを追加することが出来ます。そして、一番上の行に表示されるようにして、「TaskLog」ブックマークレットを実行する。割り込みタスクの対応をどうするかは、頭の痛いところですが、何とか実用可能なタスク登録のスピード、記録、を確保することは出来ます。

まずは記録から

取り敢えず記録を残しておけば、後からTaskChuteだとか、私が作っているFilemakerや他の時間管理・分析ツールに記録を書き写したり、エクスポートしたデータをインポートすることで、分析することが容易になります。

実行環境で、同時に記録も出来るというのが、タスクシュート方式の最大の特徴であり、最高のメリットなのです。これを手軽に実行できるようにした、「TaskLog」ブックマークレットは、最高の贈り物です。本当にありがとうございます。

[zenback]

編集後記

実際のところ、ToodledoとMobile TaskChuteはしばらく併用していこうと思っています。まだ、Toodledo本体では、記録の一覧性に問題があるのと、Logを手元にずっと残しておくことの利便性を考えると、Filemakerなどのデータベースソフトの方に魅力を感じるからです。

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄に記入してください。もし、気に入って頂けましたら、RSS登録してください。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください