Mobile Retina Display notebookを実現させよう

先日発売になった、新しいMacBook Pro Retinaディスプレイモデル、ものすごく魅力的です。

ディスプレイがキレイであることは、PCの機能のなかでも最優先すべき点だろうと思います。なぜなら、画面がキレイであれば、それだけで気分良くPCを扱うことができるからです。Macを使っていて気持ちがいいのは、フォントが美しく、つまらないWebサイトであっても、とても美しく、見映え良く見えるからです。

スポンサーリンク

RetinaディスプレイはAppleのキラーハードウェア

iPhone4では単純に画面がちょっと精細になって、キレイになったなぐらいにしか感じにくいのですが、iPadぐらいの画面になってくると、表示のクッキリ感がパンパではありません。印刷した文字よりも鮮明に画面表示されるので、目が疲れにくくなりました。日経新聞の紙面アプリや雑誌の閲覧においては、画面を拡大しなくても、読むことが可能になりました。

そこへ来ての、新しいMacBook Proです。グラグラッとこない方がおかしいというものです。単なる衝撃的!というものを通り越しています。

欲しいのですが、いかんせんお値段が張ります。とはいえ、昔購入したPowerBook G3とかG4の時代と比べるとはるかに安いのですが、20万円近くの金額はおいそれと出せるものではありません。とはいえ、既に新しいiPadを使用しているので、MacBook Air(MBA)でお茶を濁す気にはなりません。会社でMBAを使用してThunderboltディスプレイに接続してますし、自宅では昨年のiMac21インチを使用しているので、画面の狭さには耐えられそうにありません。

iPadでRetina Notebook!

突き詰めて考えれば、欲しいのは「MBAのサイズでRetinaディスプレイを実装したモバイル端末」なのです。思い立ったときに、ブログを更新したり、写真を整理したり、読んでいる本のメモをとったり、アイデアをタイプして残したり、それらを再構築・拡散して考えたりしたい。そういうことがしたいので、別にMacBook Pro程の高い機能を必要としているわけではないのです。

あ、iPadをもっと活用すれば実現できる。と気がつくのにたいした時間はかかりませんでした。

iPadをノートパソコンのように活用する方法は、いくつもあります。ケースに格納して、まるでノートパソコンのような外観にすることだって可能です。

こういったものを利用するのも一つの方法ですが、PC使用歴が20年以上と長いので使っていないキーボードが余っています。またキーボードを買うような気がしてもったいない気がしますし、こういったケースに装着していると、スタイラスを使って手書きで使用する用途には使いづらくなりますし、何しろ機動力が落ちるような気がしてしまいます。

そこで購入したのが、こちらの商品です。


Incase Workstation for Apple Wireless Keyboard


  
 
 
 

購入するなら、Apple Storeで購入するのがお手軽だと思います。本稿を執筆時点で、Apple Storeならば、2980円、Amazonではトリニティさんからの購入で8400円もします。

キーボードを携帯する、しないは気分に合わせて

実際に購入してみて、使ってみました。

本を読んでいて、付箋を貼ったところを書き写したりすることがあるのですが、このときにATOK PadとBluetoothキーボードの組み合わせは最強です。打ちやすいキーボードと変換効率の高いATOKが、本の書き写しの手間を最小化してくれます。それに、Retinaディスプレーだから、本当に読みやすいです。

RetinaのMBAが発売されるまでは、しばらくiPadとApple純正Bluetoothキーボードとこのキーボードケース、Origami Workstationを活用したいと思います。

こんな感じのもの

このキーボードケース、兼iPadスタンドは、こんな感じです。

中味は

開くと

中央のプラスチックの部分に、Appleのワイヤレスキーボードの電池ケース部分をはめ込みます。

収納したところ(キーボードの手前側)

横側

iPadを横置きにすると

縦置きでは

所感

あくまでもキーボードを使うか使わないかは、気分次第。荷物が多いときにはキーボードを諦めればいいけど、それほどでもなければ、かばんの一角に納めて持ち歩こうと思える携帯性です。ただ、格納しても一部を強く押せばキーボードが反応してしまうので、iPad側でBluetoothのon・offを切り換えた方が良いと思われます。

以下の記事もご参考になると思います。

[From iPadをつかって、本気で文章入力するなら「Incase Origami Workstation」を使わない手はない。 | 想造ノート]

[From Guitarist Reports: #仕事効率化へむけて “Incase Origami Workstation” を導入してみました!]

[From apple wireless keyboard with Origami Workstation]

[From iPad2とベストマッチ!Incase Origami Workstation for Apple Wireless Keyboard [C!]]

[From iPadでノマド環境をつくるためにはオリガミワークステーションを買おう * 男子ハック]

[zenback]

編集後記

本ブログ記事の感想、ご意見などございましたら、お気軽にコメント欄に記入してください。もし、気に入って頂けましたら、RSS登録してください。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です